生理不順に関する薬

薬剤師監修

生理不順の薬の上手な選び方・使い方

生理不順は女性であれば1度は経験したことがあると思います。原因のほとんどはホルモンバランスの乱れで、生活習慣に気をつけていると治っている場合が多いですが、中には何年も不順に悩む方がおられます。

生理不順と言っても様々種類があります。よくあるのは生理周期のばらつきです。周期が短い頻発月経、周期が長い希発月経などがあります。これらの場合に有効なのは低用量ピルの服用です。一般的には経口避妊薬として知られていますが、生理周期を整える際に有効です。基本的に21日間の周期でホルモンバランスを整えてくれます。1日1回、できれば決まった時間に服用します。21日間で飲む錠剤が決められており、その順番に飲みます。中には飲み間違いがないように、飲まなくてよい時期(生理中)7日間はプラセボ(有効成分が入っていない錠剤)とセットで28日間ワンシートで流通しているものもあります。

ピルに抵抗がある人、合わない人には漢方がお勧めです。女性の生理不順、冷え症に有効なのは当帰芍薬散と言われる昔から愛用されている漢方です。副作用がなく、長期間飲んでも影響がほとんどありません。生理不順と共に冷え性や肩こりなど女性特有の症状でも悩んでいる方に良いでしょう。

生理不順の薬の副作用と注意点

薬にはどうしても副作用がつきものです。低用量ピルの場合もいくつかあります。一つに飲み始めに頭痛、吐き気が出る人がいます。他にも、胸が張る、食欲が増すなどです。これらの副作用は慣れてくれば、ほぼ気にならなくなります。他にもわずかな人で、血栓症と子宮頸がんのリスクが上がると言われています。これらはしっかりと検診を受けることが大事になってきます。

低用量ピルを服用する際に絶対に知っておきたいことが喫煙との関係です。ピルを服用することにより喫煙そのもののリスクが上がるデーターが出されています。年齢が上がるとともにその率は高く、喫煙によって死亡へとつながる疾患が増えます。喫煙している人はピルを飲む機会にぜひ禁煙をお勧めします。

他に、低用量ピルは避妊薬ですので、妊娠を望んでいる女性は飲めません。しかし、不妊治療のひとつで服用を勧められることもあります。これは卵巣を休ませるためであったり、質の良い卵子を育てるためであったりもしますので、しっかりと医師と相談しましょう。

一方漢方は副作用がほとんどありません。一つデメリットがあるとすれば味でしょう。苦手な人にとっては空腹時に服用するので辛いかもしれません。

生理不順の薬の飲み合わせ

薬の飲み合わせはいくつか注意点がありますが、漢方においてはどの薬でも服用することができます。しかし、同じような成分の入っている漢方は避けた方が良いでしょう。

一方低用量ピルですが、以前から見ると安全性が高くなり、飲み合わせもしやすくなりました。しかしいくつか注意点はあります。まず、ピルの効果を下げる薬として、抗生物質、睡眠薬、てんかんの薬などが挙げられます。逆にピルの効果をあげるものとしてアセトアミノフェン系の鎮痛薬があります。これらと一緒に飲むと、低用量ピルの効果だけでなく、もう一方の薬の効きも変わってくるので薬を購入、処方されるときはしっかりと薬剤師に相談しましょう。薬ではないですが、精神安定の成分が入っているサプリメントはピルの効果を弱めます。よくダイエット系のサプリメントに入っている場合が多いので服用は控えましょう。その他のサプリメントやビタミン剤は大丈夫です。

あと、絶対に飲んではいけないのはC型肝炎の薬です。これを飲み終わってから2週間は低用量ピルを服用できないので注意してください。

いずれにしても他の薬を服用する際には薬剤師に相談することを勧めます。医者にもその旨を伝えれば影響がない薬を処方してくれます。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理不順に関する薬一覧