医師監修

整腸とは

急にお腹が下ってしまうことにより、長い通勤時間が耐えられなくなったり、仕事に集中できないケースがあります。そのような時は、腸の調子を整える整腸について調べることをおすすめします。最も有効なのは、乳酸菌などが含まれる整腸剤を服用することです。市販薬もありますし、内科で処方してもらうことも可能です。また、脂っこいものを食べたり、冷たいものを飲んだりすると、お腹が下るケースが多々ありますので、日常生活の食事には十分に気をつけることが大切です。野菜が中心の温かい和食がおすすめです。さらに、過度なストレスも、腸に対して悪影響をもたらしますから、上手に気分転換を行って、定期的にリフレッシュをするように心がけましょう。

整腸の症状

便秘気味の女性
整腸に関しては、特に腸内の炎症などで色々と食事に際して支障があり、下痢や便秘と言った所にも影響を及ぼしている事から、やはり腸の状態があまり良くない時に脂っこい食べ物を食べると胸やけになったり、色々と不具合を生じてしまう様です。
こうした整腸の役割として、薬で抑えていったりする事では、やはり実際の状況を良く考える事も重要であり、食事を食べる事にも直結している現状を考えると、中々思う様な形で腸をコントロールする事も難しい状況となります。
色々と体の臓器でも腸の部分に際しては、食事につながってくる所であり、しっかりと作用する事により、正確には色々な要因が症状として出ている事が多くなり、ストレス性である事も考えられます。
生活のリズムが崩れたり、大事な事では色々な面からやはり考えて腸内の環境を整えて行く事が必要となり、薬である程度はコントロール出来る所からも、色々な所で整腸剤と言った薬を処方してもらって、過ごしやすい環境で出来るだけストレスの少ない生活を送る事が望まれます。
そう言った環境的な所からも腸のコンディションを整えていく事となれば、食事に際しても食べたいものを食べる事が出来る状況となります。

整腸の原因

下痢を抱える女性
お腹の調子が悪い・ウイルス性胃腸炎で下痢をしているが下痢を止められない場合等に整腸薬が処方されるケースが多く、腸全体(特に小腸)の調子を整える作用を整腸作用と呼んでいます。
整腸において使用される成分にビフィズス菌・乳酸菌など善玉菌と呼ばれる生菌が多く使われ腸内環境を整える作用があり、他の下痢止めや便通を良くする薬剤とは区別されます。食物繊維が豊富な食材(レタス・林檎・プルーンなど)や解毒作用が強い食材(春菊など)が腸内環境を自然に整えるとして食べられてきました。乳酸菌は生菌タイプと殺菌タイプがあり生菌は直接菌を届けて増やす効果がありますが、殺菌タイプは殺菌された菌が善玉菌の餌になって増やす効果があり、自分の体質に合わせて使い分けます。
腸内環境を整えるのは善玉菌を増やすだけでなく悪玉菌を減らす事も重要で、悪玉菌が産生する発がん性物質を減少させるので癌予防にも効果が高いと評価されています。腸内環境が悪いと肌がカサカサになったりして免疫機能にも影響してインフルエンザなどの感染症にも感染しやすくなったり、アトピーなどのアレルギー性疾患を引き起こすと考えられていますので健康法として取り入れる方が多くいます。

整腸の予防/治療法

ヨーグルト
便秘や下痢、軟便などの問題を解決する整腸法としては、いくつかの方法があります。
第一に、繊維質を多く含む野菜をとることです。例えば、ピーマンを使ったチンジャオ・ロース―、もやしとニラを使ったレバニラ炒め、キャベツを使った野菜炒め、ジャガイモを使ったカレー、シイタケを使ったお吸い物、春菊を使ったすき焼き、これらはいずれも整腸作用をもった食材を使用した料理です。
第二に、ヨーグルトや納豆などの善玉細菌を含む食品を摂取することです。これらの食品を毎日摂取するようにすれば、腸内の善玉菌が増えて、腸内環境が改善されます。ヨーグルトなどは、いろいろな菌をもつものが売られていますので、違った商品を摂取することによって、腸内の善玉菌が刺激され、更なる腸内環境改善が促進されます。また、ヨーグルトとともに繊維質を含むリンゴやプロバイオティクスという腸内細菌を整えるものなどを同時に摂取すれば、その効果も倍増されます。
第三に、適度の運動を心がけることです。できれば、散歩、ジョギング、水泳、エアロビクスなどの有酸素運動を定期的に行うようにすれば、腸の消化活動が促進されるようになります。また、食後2時間ほど経ってから運動をするようにし、運動後2時間ほど経ってから食事をとるようにすると効果的です。

整腸の薬の上手な選び方・使い方

詳細をみる
整腸薬は、基本的に乳酸菌を中心にしつつ、必要に応じて納豆菌や生薬などを追加した保健薬の一種です。病気の時に飲む治療薬と違い、健康であっても毎日飲み続ける健康維持のための薬です。便秘や軟便になりやすい状態を解消し、正常な腸内環境を整えることを目的とします。腸内では腐敗菌や病原菌(悪玉菌)の増殖があると健康を損ねますので、害がないだけでなく有効性もある乳酸菌や納豆菌(善玉菌)の健全な増殖をこの薬によって狙います。整腸薬に含まれる乳酸菌は、死んだ乳酸菌でもその成分により弱いながらも一定の効果がありますが、生きていることが望まれます。乳酸菌が生きたまま腸に届くためには、胃酸に強い種類の菌が用いられているか、胃酸から守るマイクロカプセルに乳酸菌が封入されている必要がありますので、この点を確認する必要があります。ただし、整腸薬の有効性および相性には個人差があり、体質により多少の副作用も見られますので、自分に合ったものを選ぶ必要もあり、試してみないと分からない面もあります。整腸薬の成分は、医薬品各社によって相当の違いがあり、どれが自分に合っているのか事前に判断することは難しいですが、それぞれの製品の説明をよく読み、良さそうに思えるものを実際に試してみることになります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

整腸の相談

整腸の体験談

  • 整腸効果のある漢方

    整腸・漢方

    私は、お腹があまり強い方ではありませんでした。そのために、腹痛になることは多くあり高校の時はよく保健室に行っていたものでした。社会人になってからは、少し落ち着くかと思っていましたが、ストレスも溜まってしまっているために酷くなる一方でした。痛くなった時には薬を飲んで改善することがあったのですが、一時的な治療にしかならなかったために困っていました。このことを医師に相談してみると、整腸作用のある漢方薬…続きをみる
  • ツボ押しで整腸をしてみる

    整腸・ツボ

    昔からかなり便秘の症状があり、どうにかして直そうと運動したり食事療法をしたりと試してみました。それなりに効果はあるのですが、どうしてもそれだけでは満足いかずツボ押しマッサージにも挑戦することにしました。 整腸を促す足のツボは有名なので知っていましたが、どうやら手にもあるらしく、手だと仕事をしている合間や休憩時間にも押せるので役立っています。 足の場合だと、親指側で足の真ん中の方に気持ち良い場所が…続きをみる

整腸に関するコラム