整腸せいちょう

カテゴリ
腸の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

整腸とは

整腸とは、食事や生活習慣・薬などで腸内環境を整えることです。下痢や便秘の悩みにより、通勤時間が苦痛・仕事や勉強に集中できないという方もいらっしゃると思います。このページでは整腸について詳しく解説していきます。

整腸作用のメカニズム


善玉菌を増やす


腸の中には多くの腸内細菌が住み着いていますが、人間に良い作用をする善玉菌と、人間に害をなす悪玉菌、どちらでもない日和見菌の3種類に分けることができます。

腸内環境の改善には、善玉菌を増やすことが重要です。

その為には、菌そのものを食べるか、菌のエサになるものを食べるかのいずれかになります。おなかに良いとされるビフィズス菌や乳酸菌は、善玉菌そのものでもあり、善玉菌のエサでもあります。

善玉菌が働くと腸内は弱酸性になり、悪玉菌にとっては住みにくい環境になります。

悪玉菌を抑制する


悪玉菌は有害な物質を作り、腸内環境を悪化させます。有害物質の中には発がん性を持つものもあり、腸が有害物質によって繰り返し傷つけられることが炎症性腸疾患や大腸がんの原因になっているとも言われています。

腸の「ぜん動運動」について


腸が縮む・緩む動作を繰り返し、食物を送り出す運動のことを「ぜん動運動」と言います。

■ ぜん動運動が上手く働かない
食物が腸内をスムーズに移動しているときは、肛門にたどり着いた時点で水分が残っており、柔らかい便として容易に出すことができます。

しかし、ぜん動運動が滞ると、腸内に長い時間食物が滞在し、水分がどんどん吸収されてカチカチになり、便やガスが腸内で立ち往生して「便秘」になってしまいます。

■ ぜん動運動が過剰に働きすぎてしまう
逆にぜん動運動が過剰になると、水分を十分に吸収されないまま便を排泄してしまい「下痢」の状態になります

腸内環境が乱れる原因


食生活の乱れ


野菜不足で油ものが多い、偏りがちな食事をしている人は腸内の悪玉菌が多い状態になっている傾向にあります。悪玉菌が増えると腸の働きが鈍って便秘になります。

ストレス・睡眠不足


ストレスや睡眠不足により腸の動きを調節する自律神経のバランスが崩れ、ぜん動運動が異常になります。ストレスが善玉菌の割合を減らすこともあります。

運動不足


運動不足は筋力低下につながり、排便に必要な腹筋の力が弱くなることで便秘につながります。便秘は悪玉菌の繁殖を助け、腸内環境が悪化する悪循環となります。運動不足は自律神経の不調も招きます。

抗生物質の服用


抗生物質を使用すると、薬の作用で善玉菌まで死んでしまい、腸内細菌のバランスが変化します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください