整腸に関する薬

薬剤師監修

整腸の薬の上手な選び方・使い方

整腸薬は、基本的に乳酸菌を中心にしつつ、必要に応じて納豆菌や生薬などを追加した保健薬の一種です。病気の時に飲む治療薬と違い、健康であっても毎日飲み続ける健康維持のための薬です。便秘や軟便になりやすい状態を解消し、正常な腸内環境を整えることを目的とします。腸内では腐敗菌や病原菌(悪玉菌)の増殖があると健康を損ねますので、害がないだけでなく有効性もある乳酸菌や納豆菌(善玉菌)の健全な増殖をこの薬によって狙います。整腸薬に含まれる乳酸菌は、死んだ乳酸菌でもその成分により弱いながらも一定の効果がありますが、生きていることが望まれます。乳酸菌が生きたまま腸に届くためには、胃酸に強い種類の菌が用いられているか、胃酸から守るマイクロカプセルに乳酸菌が封入されている必要がありますので、この点を確認する必要があります。ただし、整腸薬の有効性および相性には個人差があり、体質により多少の副作用も見られますので、自分に合ったものを選ぶ必要もあり、試してみないと分からない面もあります。整腸薬の成分は、医薬品各社によって相当の違いがあり、どれが自分に合っているのか事前に判断することは難しいですが、それぞれの製品の説明をよく読み、良さそうに思えるものを実際に試してみることになります。

整腸の薬の副作用と注意点

整腸薬の主成分は乳酸菌ですから、強い副作用は基本的にありませんが、人によって何らかの弱い副作用は起こり得ます。その原因は、乳酸菌自体ではなく、それ以外に含まれる薬効成分の可能性が高いと思われます。薬に対して敏感に反応する体質の人は、乳酸菌以外には薬剤の含まれていないのを試してみるのが良いでしょう。また、定められた用量以上を服用することで、効果が強く出すぎて軟便や下痢あるいは腹痛になることがあります。用法用量を守ることは、あらゆる薬の服用での大原則ですから、危険の少ない整腸薬であっても守る必要があります。また、整腸薬は、腸内環境を変化させますので、初めて飲み始めてからしばらくの間は、腸内環境が変化する途上にあるため、それまでと違う違和感を感じる可能性があります。仮に良い方向への変化であっても、変化途上の不安定感が不快感として感じられる可能性もあります。整腸薬は、基本的に強い副作用のない薬ですので、腸内環境が安定期に入るまで試験的に継続しても、問題は少ないと思われます。ただし、明らかに目立った体調不良になる場合、その整腸薬は体質に合っていないと思われますので、服用を中止しなければなりません。

整腸の薬の飲み合わせ

整腸薬には、悪い飲み合わせがあります。整腸薬は、その主成分が生きた乳酸菌ですから、この乳酸菌を殺す作用を及ぼす抗生剤(抗生物質)は、確実に悪い飲み合わせになります。しかし、必要があって処方された抗生剤でしょうから、抗生剤をやめるわけにはいきません。常識的に考えて、整腸剤よりも抗生剤の方が重要な薬剤です。そこで、抗生剤を服用しつつ整腸薬も服用したい場合、抗生剤で死なないタイプの耐性乳酸菌の整腸剤を選ぶこともできます。なお、耐性乳酸菌の整腸剤を用いず、抗生剤を一定期間用い抗生剤の使用を停止した直後では、耐性菌が増殖していない限り、腸内は理論上無菌状態になっていますが、その後は抗生剤がないため腐敗菌や病原菌などの悪玉菌が急激に増殖することになります。整腸薬を飲んでも、善玉菌である乳酸菌の増殖力よりも悪玉菌の増殖力が強いため、望ましい腸内環境に戻すのにはそれなりの時間がかかります。整腸薬は、飲み続けてこそ次第次第に腸内環境が改善できるのであって、急激な改善は無理ですから、気長に付き合うしかありません。このような整腸剤の特徴をよく知り、正しく服用したいものです。急速な効果を狙って整腸剤を大量服用するようなことでは、良い結果をもたらしません。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整腸に関する薬一覧