コラム画像

知らなかった! じつは雑菌だらけの10のモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
身近なモノで、雑菌がもっとも多く汚いのは何だと思いますか? きっと多くの方が、「トイレの便器や床」と答えるかもしれません。ところが、私たちの身の回りには、じつはトイレよりも雑菌にまみれたものがたくさん……。今回は、そんな驚愕の汚い10のモノを一挙公開!

その不潔さはトイレ以上!?身近に潜む雑菌まみれのモノとは……

1. 台所のスポンジ
家庭内でもっとも汚いといわれているのが、スポンジです。その雑菌レベルは便座の20万倍ともいわれ、スポンジの表面は2.5㎠あたり約1000万もの菌に汚染されているというデータも……。 さらに雑菌の他、カビや大腸菌黄色ブドウ球菌なども繁殖する可能性があり、食中毒の原因になることも考えられるので注意が必要です。月に2~3回は新しいスポンジに交換するようにしましょう。

2. まな板
まな板の上は、なんと便座の200倍もの菌がいるといわれています。 特に、肉も野菜も同じまな板を使っている人は要注意。肉は菌が繁殖しやすいので、別々に使うようにしましょう。また、肉用は使用後よく洗浄するだけではなく、できれば漂白も行い、菌が繁殖しないようにすれば安心ですね。

3. お金
紙幣1枚には、なんと平均2万6千もの細菌が付着しているのをご存知でしたか? さらには、食中毒菌の一種セレウス菌が付着していたお札や、付着したインフルエンザウイルスが最長17日間生き続けたというデータもあるほど、恐ろしいほど汚いのです。

4. スマホ
ありとあらゆる場所や場面で使い、耳や顔に当てている時間も長いスマホ。こうした使用環境により、顔の皮脂や手の汚れ、置いた場所の菌などが付着することで、じつは相当な菌の温床に……。その細菌の数たるや、トイレの10倍以上。恐ろしいですね〜。

5. 水道の蛇口
結論から申しますと、お風呂場の蛇口は便座の約20倍、キッチンの蛇口は約40倍の細菌が繁殖しています。シンクを掃除する際は、蛇口も併せてピカピカにしてください。

6. パソコンのキーボード
トイレの5倍もの菌が繁殖しているようですよ。熱を帯びやすいパソコン。どうやらその暖かい環境が菌にとっては好都合のようなのです。特にノートパソコンのキーボードは細菌にとって、居心地バツグンの温度になりやすく、さらに手の皮脂と相まって増殖していく危険性がアップ。こまめに、クリーニング用のスプレーで掃除をしましょう。

7. マットレス
ヒフ細胞の死骸、チリやダニの糞の影響で、その重さは10年で2倍になるといわれています。こまめに、掃除をしてください。

8. ハンドバッグやポーチ
特に汚くしているつもりはなくても、刻一刻と菌は繁殖しています。特に化粧ポーチなどに、裸のままブラシ類を入れている方などは要注意。

9. レストランのメニュー
レストランのメニューは多くの人たちが触れているモノでありながら、こまめにキレイにしているレストランはほとんどないでしょう。それゆえ、トイレの100倍以上、細菌が存在しているのですよ!

10. カーペット
どこで何を踏んだかわからない足の裏が行ったり来たり。その上、食べ物のカスペットの毛ほこりやダニの死骸が沈んでいたりして……。その汚さは、トイレの4000倍

医師からのアドバイス


いかがでしたか? 身近に潜む汚いモノ。これらの細菌から身を守るためにも、手をキレイにすることが有効です。何かに触れた後は、石鹸やアルコール手指消毒剤を使って常に清潔にキープしておけるといいですね。

そしてスマートフォンについてはもう一点、雑菌以外でも気をつけてもらいたいことがあります。
【スマホ依存度】チェック


  • この記事は、医療・健康に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。記事の内容について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連キーワード

キーワード一覧へ

関連するコンテンツ

食中毒について