手足の冷えてあしのひえ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

手足の冷えとは

手足の冷えは自律神経の乱れが一つの原因になっている場合があります。放っておくと不眠やめまい、吐き気などの症状を伴うこともあります。女性に多いとされ、生活習慣やストレスが引き金になることが多いので、無理なダイエットや運動不足には気を付けなければなりません。特に無理なダイエットはミネラル・ビタミンが不足し冷え性の他にも生理不順や貧血の原因にもなることがあります。
改善するためにはリンパマッサージやこまめな運動とショウガやネギ、根菜などの体を温める作用のある食事と水分を沢山とることが良いとされています。
そして、なるべくストレスをため込まない生活を心がけましょう。

手足の冷えの症状

手足の冷えは女性に多いといわれており、暖かい部屋の中にいても手足の末端が冷えてしまう・布団の中に入っても手足が暖まらないなどさまざまな症状を引きおこします。
手足の冷えにより、生理不順や生理痛の原因となる他、体への影響として、頭痛・腹痛・肌荒れ・肩こりといった症状が現れ、手足の末端が冷えることから不眠につながることもあるのです。
これらの症状は栄養不足・運動不足・免疫力の低下によりおこり、血液がうまく体全体に循環しないことから手足の末端が冷えてしまうのです。
その他過度なダイエット・ストレスも血液がうまく循環しなくなってしまうことから、過度なダイエットをしない、ストレスをためないということも大切です。
手足の冷えがひどくなると、手足がしびれる・手足に痛みを伴う・体全体がだるくなるといった体全体への影響もでてしまうことがあります。
冷たい食べ物・飲み物は、体を内面から冷やしてしまい、共に手足も冷えてしまうので、過度な冷たい食べ物・飲み物の摂取には注意が必要です。手足が冷えるという症状が現れた場合には末端を温めること・温かい飲み物の摂取により体の内側から温めて血液循環を良くするということが大切です。

手足の冷えの原因

冷え性は女性に多い体の自覚症状です。私たちの体は、寒いと感じると血管を収縮させ血流の流れを少なくし、逆に暑いときは血液から熱を逃がすように働き体温調節をしています。冬場は気温が低いため、生命維持に大事な脳や臓器など一定の温度を保つ必要のある臓器の血流を優先するため、末梢への血流が減少することがあります。体温調節機能が追いつかずに手足が冷えることもあるのですが、夏場に手足が冷えるのは体温調節機能がうまく働いていないことを意味しています。夏でも厚い靴下がかかせない、冷房の効いているところでは体が冷えてがつらい、他の人に比べて厚着をしているなどが冷え性の人の特徴です。
手足の冷えの主な原因としては、ストレスや過労による自律神経の乱れ、食生活、貧血や低血圧、血管を締め付けるような着衣などがあげられます。女性の場合はこの原因に当てはまることが多いのです。女性の筋肉量が男性に比べて少ないことも原因の一つです。更年期などによる女性ホルモンの変動も自律神経のバランスを乱します。冷え性のみられる女性には周期的なホルモンバランスの変動が大きい人が多いのです。冷え性の原因になる食生活の習慣として挙げられるのは、朝食を食べない、副食に動物性たんぱく質やビタミンを含む食品を摂らない炭水化物中心の食事、塩分や脂肪分の摂り過ぎなどバランスの欠いた食事です。また、生野菜、果物など体を冷やす食品の過剰摂取や海産物、豆、酒を除く発酵食品など体を温める効果のある食品の摂取不足も原因となります。慢性的な冷え症の血行障害が原因で、肩こり、便秘、しもやけ、腰痛、神経痛、肌あれなどが起こることもあります。生活習慣としては定期的な運動の習慣がなく有酸素運動が少ない、入浴を熱めの短時間で済ます、夜更かし朝寝がちな生活のリズム、喫煙の習慣がある人などは冷え性になりやすいのです。また冷え性と同様の症状を持つ血管系の病気やホルモン系の病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

冷えが起こる原因は、季節や気温によって異なります。人間の体は、血管を収縮されることで体温調節しています。例えば、寒いと感じた場合には、血管を収縮して血液から熱が逃げないようにします。逆に、暑いと感じた場合には血管を広げ、血液から熱を逃がそうとします。そのため、気温が低い場所では、体温の調節が追いつかず、手先や足先が冷たいと感じることがあります。しかし、夏場や暑いと感じている場所でこうした冷えが起こる場合は、体に自然に起こる生理現象ではなく、体温調節機能が正常に働いていない可能性があります。

体が温かいと感じていても発生する指先や足先の冷えは、ストレス、生活習慣、体質などが原因で発生します。ストレスや過労からくる冷えは、体温調節機能を担う自律神経の乱れから発症します。特に、女性の場合は、更年期によっても冷えの症状が現れることがあります。また、生活習慣、体質による冷えも、女性に多く見られます。女性は、貧血や低血圧になりやすく、血の巡りが悪くなりやすい体質である傾向があります。それに加え、日頃から細身の服を着たり、ヒールを履くことで、手足の抹消へ伸びる血管が圧迫されたり、筋肉が凝り固まりやすくなっています。こうした生活習慣から、血の巡りが悪くなったり、圧迫により寒いという感覚が麻痺してしまい、冷えが発生します。また、血液の循環は筋肉とも関係しています。そのため、洋服や格好に気をつけていても、あまり歩かずにエレベーターやエスカレーターなどを頻繁に利用したり、日常的に運動をしないことで、手足の筋肉が衰弱し、冷えにつながることがあります。以上に挙げた原因の他にも、冷えを感じる裏には血管系やホルモン系の病気が隠れていることがあります。手足に冷えを感じる原因は、体が、手足よりも、心臓や内臓などの他の大切な臓器に血液を優先して送っているためだと言われています。そのため、冷えの症状が長く続く場合には、冷え性だと決めつけず、他の病気の可能性を疑うのも大切です。

手足の冷えの予防/治療法

手足の冷えに悩む人は女性だけではなく、男性の中にも増えてきています。冷え性の原因は、偏った食生活の場合がよくあります。タンパク質や糖分を必要以上に摂取したり、自然からとれるミネラルや果物に多く含まれるビタミンが不足がちにならないように注意した方がいいです。特に女性にありがちなのが、無理な食事制限をするダイエットをした結果、手足の冷えを防ぐために必要なミネラルやビタミンが不足してしまうことです。そのため、女性がダイエットをする時には、過度な食事制限ではなく、ジョギングやダンスやヨガなどの運動を取り入れることで、手足の冷えを防ぐことができます。
また、冷たい食べ物を摂りすぎることも禁物で、夏の暑い日でもあまり冷たすぎる飲み物は控えて、できれば常温のものを飲むようにするといいです。女性はファッションのために、寒い日でも薄着をしがちなのですが、寒い日に肌を露出することもよくないことです。入浴の工夫をすることも効果があり、熱いお湯に短時間全身を浸かるよりも、浴槽にぬるま湯をためて、本でも読みながら汗をかくまで数十分の間、半身浴をじっくりするといいです。自律神経の乱れを治すことも非常に効果があるので、十分な良質な睡眠をとることを心がけるべきです。

★冷えの改善に即効性!ビタミンE摂取のすすめ
市販のビタミン剤食事から栄養を補給しようと思っても中々実践できない場合、血行促進を目的にしたビタミン剤も冷え性改善に効果が期待できます。中でも、ビタミンEは血行促進の作用があるとされていて、是非とも補給したい栄養素です。血液の流れを良くするためには、赤血球が柔らかい状態であることが求められます。赤血球が硬い状態だと、手足の先にある細い血管をスムーズに流れることができないからです。ビタミンEには、この赤血球を柔らかくし、血流をスムーズにする作用が期待されています。トコフェロールとも呼ばれていて、血行促進の他に、抗血栓、高コレステロールなどの作用があり、冷え性の他にも効果が期待できる栄養素です。食材の中には、微量しか含まれていないため、ビタミン剤を活用して飲む価値はあります。なお、トコフェロールにもいくつか種類がありますが、最も血流改善作用が高いとされているのは、αトコフェロールです。老化や生活習慣病の原因とも言える活性酸素を防ぐ働きにも期待されているのでエイジングケアにも活用できます。長期的に体質を改善したいという場合には漢方が適していますが、即効性を求めるのであればビタミンEを優先しましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください