靴擦れに関する薬

薬剤師監修

靴擦れの薬の上手な選び方・使い方

靴擦れが起こった場合は、一般的には自然治癒が望ましいとされています。しかし症状にもよるため、まずは応急処置をして様子を見ましょう。

皮がむけていない水ぶくれの状態であれば、できるだけ皮を破かないようにし、絆創膏で患部を保護します。水ぶくれの中に含まれている水分は、リンパ液と言って皮膚を再生する成分のため、むやみに破ってしまうと治りも遅くなってしまいます。水ぶくれが破けてしまった場合は、水道水で洗浄し雑菌やゴミを取り除きます。不衛生な状態のままだと、雑菌により患部が化膿して悪化する可能性があるため注意しましょう。なお、最近では患部を乾燥させかさぶたを作るよりも、湿った状態を保つことが皮膚の再生には効果的とされています。これを「湿潤療法(モイストヒーリング)」といいますが、患部を洗浄した後、ワセリンや傷用の軟膏を塗った状態で患部を保護すると効果的です。薬局などで湿潤療法専用のかさぶたを作らないタイプの絆創膏なども多く市販されています。患部が化膿してしまっている場合は、市販の内服薬や外用薬を使うのも有効ですが、ひどい痛みや腫れが続くようであれば、自己判断での使用は控え医療機関を受診しましょう。

靴擦れの薬の副作用と注意点

靴擦れの場合、基本的にはほとんど薬を使用せず自然治癒が中心になるため、薬による副作用のリスクは少なくなります。

ただし、絆創膏を使用するケースが多いため、使用する人によっては皮膚がかぶれたり痛みをともなうことがあります。特に肌の弱い人は、かぶれなどがあらわれたら一旦使用をやめ、症状がひどいようであれば内服薬などに切り替えるのもいいでしょう。また、市販の外用薬を使用する場合も、さほど大きな副作用はありません。主に市販薬の軟膏には、リドカイン(鎮痛作用)、イソプロピルメチルフェノール(殺菌・消毒作用)、l-メントール(腫れや赤みを抑える作用)といった成分が含まれており、いずれも大きな副作用はないとされていますが、時に強いアレルギー反応や皮膚炎を起こしたり、吐き気や動悸といった症状があらわれます。このような症状があらわれた際には、使用を中止し必ず医療機関に相談しましょう。

また、傷口にはこれまで消毒液での洗浄が一般的とされていましたが、消毒液は体内で作られる傷が治るための成分まで殺菌してしまうため、傷の治りが通常よりも遅くなってしまう場合があります。治療の初期段階では、水道水で十分洗浄が可能なため、消毒液を使用する必要はほとんどありません。

靴擦れの薬の飲み合わせ

靴擦れの場合、副作用同様、内服薬、外用薬ともに服用していなければ飲み合わせについてもほとんどリスクはありません。

内服薬を服用している場合は、その他の薬との飲み合わせについて注意が必要なため、特に常飲薬がある方は併用しても問題がないか事前に確認が必要です。軟膏などの外用薬についても、靴擦れの薬に含まれている「イソプロピルメチルフェノール」という成分は、化粧品や制汗剤、水虫の治療薬など日常でよく使用する製品にも含まれていることがあるため、できるだけ同じ成分同士の併用は控えるようにしましょう。

また、靴擦れの場合、患部の傷が完治する前に再発してしまうことも少なくありません。靴擦れになった時と同じ靴を履き続けることは避け、患部に負担が少ない靴を選ぶことが大切です。特に女性はお洒落としてヒールやサイズのきつい靴を履くことが多いため、無理をしてでも歩きづらい靴を選びがちですが、靴擦れが化膿して症状が悪化すると足全体へ広がり重症になる場合もあるので注意しましょう。さらに靴擦れになりやすい人は、靴の問題だけでなく、歩き方や骨盤のゆがみといった問題も考えられるため、靴を変えても改善が見られない人は専門の医療機関を受診してみることをおすすめします。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴擦れに関する薬一覧