関節痛に関する薬

薬剤師監修

関節痛の薬の上手な選び方・使い方

関節痛の痛みを和らげるためには、外用薬と内服薬があり症状や体質によって使い分けます。

まず外用薬として、湿布などの貼付剤やゲルなどの塗布剤といった外用消炎鎮痛薬があります。軽い症状の場合は、まず貼付剤(湿布)がおすすめです。ゆっくり炎症を抑えてくれるサリチル酸グリコールが配合されているものや、熱をもっている場合はL-メントールが配合されているものが清涼感もあり効果的です。つらい痛みがある場合は、ジクロフェナクナトリウムやフェルビナク、インドメタシンといった非ステロイド性抗炎症薬が配合されている塗布剤(ゲル)がおすすめです。痛みや炎症のもとになるプロスタグランジンの分泌を抑え、素早く痛みを鎮めてくれる作用があります。

そして内服薬には、体の中から関節に必要な成分を補ったり、細胞の老化を防ぐといった関節の動きをサポートしてくれるはたらきがあるため、つらい症状の場合は、非ステロイド性抗炎症薬に代表されるイブプロフェンやアスピリンといった成分を含む内服薬が即効性あありおすすめです。また、日々の疲れなどからくる慢性的な痛みには、ビタミンB1(疲労を緩和)、ビタミンB12(神経の修復を促す)、ビタミンE(血行を促す)を含む内服薬を継続的に服用するといいでしょう。さらに、加齢や肥満などによる基礎体力の低下からくる痛みには、漢方薬などを服用し血行を促したり、マッサージなどで体を温めるのも効果的です。

関節痛の薬の副作用と注意点

非ステロイド性抗炎症薬は、痛みのもととなるプロスタグランジンを抑制することで炎症を抑えますが、もともとプロスタグランジンは痛み以外にも血液の循環や腸内の働きにも重要な役割を果たしているため、内服薬、外用薬いずれも使用中は副作用にも注意が必要です。内服薬に含まれるアスピリンは、痛みや発熱を抑える作用があるため強い効果を発揮します。その分胃腸にかかる負担は大きく、胃腸の調子を崩してしまったり、重篤な場合は胃潰瘍や消化性潰瘍などの副作用があらわれることがあります。できるだけ負担を減らすためにも服用時は空腹時を避けるようにしましょう。また、アスピリン喘息といって服用することで喘息を引き起こす場合もあります。喘息を患っている方や、過去に解熱鎮痛剤などを服用して発作を起こしたことがある方は、事前に医療機関に相談しておくといいでしょう。

また貼付剤や塗布剤においても、副作用として発疹、赤み、突っ張り感などの症状があらわれることがあります。ごく稀に「光線過敏症」という副作用があらわれる方もいますが、これは外用薬を使用していた患部に日光の照射を直接受けることで、かゆみや発疹など皮膚に異常な反応が起きてしまうことです。特に皮膚が弱くかぶれやすい方は、症状があわれたらすぐ使用を中止し医療機関に行くことをおすすめします。

関節痛の薬の飲み合わせ

外用消炎鎮痛薬を使用している場合、日焼け止めなどに代表される化粧品と併用することで皮膚に影響を与える場合があります。主に湿布などに含まれる非ステロイド性抗炎症薬の中には、ケトプロフェンという成分が含まれており、日焼け止めや香水といった化粧品に含まれているオキシベンゾン・オクトクリレンという物質と互いに反応し合い、「光線過敏症」を引き起こしてしまう可能性が高まります。また、湿布は貼っている間だけでなく剥がした後も皮膚に薬剤が残っているため、剥がしてから数週間はできるだけ直射日光を避けることが必要です。患部に日焼け止めや香水を使用する際も、事前に成分を確認してから使用することをおすすめします。

内服薬についても、他の薬との飲み合わせによって影響する場合があります。血液をサラサラにする成分が含まれるワルファリン、安定剤に含まれるリチウム、リウマチの薬に含まれるメトトレキサートをはじめ、血圧や糖尿病の薬、利尿剤との飲み合わせは注意が必要です。両者が持つ成分が互いに過剰反応し副作用が強く出てしまったり、互いに効果を弱めてしまう作用がはたらいてしまうため、特に常飲薬がある場合は服用前に必ず医療機関に確認しましょう。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関節痛に関する薬一覧