胃酸過多いさんかた

カテゴリ
胃の病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

胃酸過多とは

胃酸過多とは、胃酸が必要以上に分泌されることです。
食べたものを消化するためには胃酸が必要ですが、なんらかの理由により胃酸がたくさん作られます。そのため、胃痛や吐き気、ゲップ、胸焼け、食欲不振などが起こります。
考えられる主な胃酸過多の原因は、ストレス、喫煙、早食いなどが挙げられます。胃酸過多は胃炎・胃潰瘍などの症状(胸焼け、酸っぱいものが口に上がってくる、げっぷなど)の一種として現れることもあります。

胃酸過多の治療法は、胃液の分泌を抑制する薬物療法や粗食回数を増やす、精神面に極端な負荷をかけないよう生活を送る、といった原因を直接取り除く方法があります。

症状

胃酸過多とは、胃酸が必要以上に分泌されることです。
胃酸とは、非常に強力な酸で胃の中を一定以上の酸性に保ちます。食物の消化と食物と一緒に体内に取り込まれた各種菌の殺菌を行うためです。その胃酸が消化の際に必要以上にたくさんの量が分泌される病気のことを「胃酸過多」といいます。胃酸過多になると、胃に食物が入っていない空腹時にも胃酸が分泌されるようになります。


胃酸過多になると胃の中の酸度が異常に高くなります。すると、以下のような症状が起こります。

胃もたれ
胸焼け
・ゲップ
口臭
胃痛

空腹時や夜間、早朝にみぞおちが痛くなる、胸焼けがして酸っぱいげっぷが出る、胃がもたれて生つばが溜まる、から咳という症状があったら胃酸過多が疑われます。

また、胃酸過多は胃潰瘍胃がん逆流性食道炎の症状として起こることもあります。

その胃酸過多、胃が弱っているせいかも?
あなたの「胃腸のお疲れ度」を今すぐチェック!

原因

胃酸過多 大きな3つの原因


胃は食べ物を消化する時に胃酸を分泌しますが胃に食べ物が入っていないのに胃酸を分泌することがあります。これが胃酸過多なのですが原因としては3つ考えられます。


  1. ストレス
    自律神経の働きが活発になることで胃酸分泌が起こります。人間はストレスを感じると自律神経の中の交感神経がよく働きます。すると交感神経を調整するために副交感神経も活発に働くようになります。副交感神経が活発になると胃酸が必要以上に分泌されてしまい胃酸過多になってしまうと考えられています。




  2. 過剰なガストリン分泌
    ガストリンとは胃酸や消化酵素を分泌させたり血糖値を下げるためにインスリンの分泌を促したりします。このガストリンが多く分泌されてしまうことにより胃酸が大量に分泌されてしまいます。消化能力が落ちたりピロリ菌が産生するアンモニアに対抗するためにガストリンが多く分泌されると考えられています。

  3. 食べ物
    刺激性食物の取りすぎなどの「刺激」が原因で胃酸過多が起こります。ほかにも、揚げ物は胃に長くとどまるためにとどまっている間に胃酸が分泌されます。またコーヒーやアルコール、香辛料、酢の物などは胃酸の分泌を促進させてしまいます。




胃酸過多の種類と原因



























症状の種類 主な原因
1.胃重感 多量に分泌された胃酸で胃が圧迫されることで起こります。
2.胸焼け 多量に分泌された胃酸で食道の出口に炎症が起こることで起こります。
3.口臭 胃酸の酸っぱい臭いが口まで上がってきて口臭が酷くなることもあります。
4.胃痛 空腹時にも強力な酸が多量に分泌されているので、胃が痛くなります。


その胃酸過多、胃が弱っているせいかも?
あなたの「胃腸のお疲れ度」を今すぐチェック!

予防/治療法


胃酸過多の予防


●食べ過ぎ、飲み過ぎを控える!
いろいろな会社や家庭の悩みのせいでストレスが溜まり続けた結果、胃酸過多による慢性的な胃の痛みや胸やけに苦しむ現代人は男女問わず増えてきています。家族との外食や会社の人との飲み会などでのおいしい料理の食べ過ぎや、アルコールの飲み過ぎなど食事が胃の不調の原因のケースは多いです。

また、食事の時にはよく噛んで食べることを意識しましょう。

●ストレスから解放される!
伸びをする女性
しかし、食事が原因ではないのに、胃の調子が妙に悪い、違和感がある、嫌な胸やけが続くといったトラブルが続く人がいます。その人の胃酸過多の原因は、食事ではなく、ストレスが原因のケースがあるのです。そのため、ストレスをためないことが大事で、かわいらしい犬や猫などのペットを飼ったり、好きなアーティストの音楽を聞いたりするなど、自分を癒してくれるものを持っておくといいです。

胃酸過多を治すには


●薬に頼ってみる
薬を飲む男性
食事のせいで胃酸過多が起きて悩んでいる時には、薬を使って治してみるのもいい方法です。市販で手軽に買うことができ、胃酸の分泌を弱めることができるので非常に楽になります。薬を飲んで症状が一時的におさまっても、薬を止めると症状が出る時は胃酸によって潰瘍ができている可能性がありますので、病院を受診して下さい。

※注意※
薬はずっと効果が続くわけではないので、ストレスを感じて辛くなるたびに使用し続けなければなりません。さらに、薬なので副作用が起きてしまうケースがあります。本当に辛い時にだけ薬に頼るようにするといいです。

●医師に頼ってみる
胃酸過多が続く、不快感が長期間続く場合は医師に相談しましょう。

その胃酸過多、胃が弱っているせいかも?
あなたの「胃腸のお疲れ度」を今すぐチェック!
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください