喉頭乳頭腫こうとうにゅうとうしゅ

カテゴリ
のどの病気
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

喉頭乳頭腫とは

喉頭乳頭種はパピローマウイルスが原因でおこる喉頭の良性腫瘍です。咽頭全体が発生カ所となりえますが最も声帯で多く発症します。良性ではありますが再発率が高く、成人の声帯にできた喉頭乳頭腫は稀に悪性へと変化することもあります。

喉頭乳頭腫の症状

喉頭乳頭腫は、声帯の振動が妨げられることにより、声がれが起こります。
時に気管に進展することがあり気道を塞いでしまうことがあります。これは成人にも子どもにも起こり、呼吸困難の症状が出ます。
その他に、
・声帯全体に腫瘍が広がることにより発声ができない
・小児の場合は気道狭窄やチアノーゼを起こすこともある
など腫瘍のできるカ所や大きさによって症状が悪化することがあります。

また喉頭乳頭腫は良性ですが、再発率が高く治療が難しい病気です。治療は手術による腫瘍切除術ですが、人によっては再発により何十回も手術が必要となることもあります。成人ではガン化することも稀にあるため予後の経過観察が重要となります。

喉頭乳頭腫の原因

喉頭乳頭腫の原因は、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV)の感染であるとされています。このHPVウイルスが声帯などに発生し、粘膜上皮の下で増殖し感染を起こします。この感染が原因となり咽頭乳頭腫が発生します。

成人の場合はHPVウイルスの6型と11型が腫瘍形成に関係しているといわれています。

一方乳幼児の場合は出生時に母親から感染するのではないかと考えられています。レーザーによる手術治療が主流ですが喉頭乳頭腫は特に乳幼児においては再発率が高く、成人するまで何回も手術が必要となることも少なくありません。

喉頭乳頭腫の治療法

喉頭乳頭腫には予防策はなく、発病すると手術により腫瘍を切除することが必要となります。喉頭乳頭腫の発症は比較的稀ですが一度発症してしまうと再発率が高いため複数回の手術を行うなど長期治療が必要となります。

声が出しにくいもしくは発声ができないなど、日常生活に大きく支障が出るためウイルスに対する予防策が模索されています。一部の医療機関では原因となるHPVウイルスの予防にガーダシルというワクチンの効果が期待され研究が進められています。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください