擦り傷に関する薬

薬剤師監修

擦り傷の薬の上手な選び方・使い方

擦り傷を見つけた場合には、迅速な対応が重要です。なぜなら、傷の深さによっては、化膿して深刻な症状を招く恐れがあるためです。まずは擦り傷をきれいに洗うことが大切です。水道水など、きれいな水で洗い流す方法が適しています。その後、完全に水分を拭き取ったなら、軟膏などの外用薬を患部に塗ります。ただし、外用薬にはさまざまな種類が見受けられますから注意すべきです。擦り傷の治療に合う外用薬を塗るために、慎重な選び方が求められます。市販品の外用薬を購入したいなら、薬局やドラッグストアなどの店舗で薬剤師に相談しましょう。擦り傷の外用薬を紹介してもらえます。また、擦り傷の深さに応じて、絆創膏やガーゼで患部を覆うことが必要となります。どのような絆創膏やガーゼを選べば良いのか、薬剤師に質問することをおすすめします。使い方も教えてもらえますから、とても参考になります。さらに、皮膚科などの医療機関で診察を受ける方法も適しています。擦り傷の外用薬を処方されます。尚、痛みが激しい場合には、鎮痛剤などの内服薬をもらうことができますが、正しく服用することが大事です。医療機関で処方された内服薬の使い方は慎重に行いましょう。

擦り傷の薬の副作用と注意点

擦り傷の外用薬を使用した後に、副作用を発症することがあります。肌に合わない外用薬を使ったことにより、腫れや湿疹などの副作用が出たならば、ただちに使用を中止しましょう。まずは外用薬を塗った部分をきれいに洗い流します。衛生的な水が適していますから、水道水を使うことをおすすめします。患部をきれいに乾かした後に、薬局もしくはドラッグストア、皮膚科などの医療機関を訪れましょう。新たな外用薬を紹介してもらえます。尚、必ず副作用を発症した外用薬を持参することがポイントです。異なる外用薬を出してもらうためです。副作用が出た時の症状を詳しく伝えて、安心して使用できる外用薬を選んでもらいましょう。また、鎮痛薬など、擦り傷の痛みを軽減するために内服薬を飲んだ後に、副作用を発症するケースも見受けられます。動悸や頭痛などを発症したならば、すぐに横たわって安静を保ちましょう。無理をしないで、静かに体を休めることが重要です。さらに、副作用の症状が治まったなら、医療機関を訪れて診察を受けるべきです。内服薬を医師に見せて、副作用の症状について説明しましょう。新たに処方してもらうためにも、詳しく症状を話すことが大切です。

擦り傷の薬の飲み合わせ

擦り傷の内服薬を飲んでいる間は、ほかの医薬品との飲み合わせを避けるべきです。擦り傷の症状が悪化したり、体調不良などを発症したりして、具合が悪くなるケースがあるためです。もしも腹痛や鼻炎など、ほかの疾患を発症した場合には、擦り傷の内服薬を持参して医療機関を訪れましょう。自己判断で市販の医薬品を飲み合わせることはとても危険です。安全性の高い治療方法を教えてもらえますから、医師に診察してもらうことが大切です。サプリメントや漢方薬と飲み合わせることも慎重に行うべきです。必ず医師に相談することをおすすめします。また、擦り傷の外用薬を使っている場合には、アルコール飲料の摂取に気をつけましょう。アルコール飲料を摂取することによって、体温が上がるためです。外用薬を塗っている患部に悪影響をもたらす可能性もありますから、注意が必要です。飲み会や女子会など、アルコール飲料を飲む機会があるならば、外用薬を持参して医師に質問しましょう。最適と思われるアドバイスを受けることができますので、参考になります。アルコール飲料との飲み合わせによって、患部が悪化することを防ぐためにも、適切な医療機関で診察を受けるべきです。
  • 薬は効果をしっかりと引き出しながら、できるだけ副作用を抑えることが大切です。使用法・用量、飲み合わせに十分注意し服用してください
  • 専門家の皆様へ。薬の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

擦り傷に関する薬一覧