肉離れ(筋断裂)の体験談

肉離れの痛みに素早く対処

医師確認済み

肉離れの早期回復への道

肉離れとは、スポーツなどで急激な負荷がかかることにより筋肉が損傷することを言います。ある特定の動きをすると痛みを感じる時や、まともに歩くことさえままならないといった場合まで、度合いによって症状も様々です。
肉離れになった時は、素早く処置をすることで早く痛みを取り完治させることができます。
そのためにはまず、病院に行き、レントゲンを撮ってもらいます。これは骨折などしていないかを確認する必要があるからです。
肉離れと診断されると、アイシングをして、包帯などで患部を固定することになります。ただ、痛みがなくなるまでそのままというわけではなく、二、三日後には温め、マッサージやストレッチなどを行い患部をほぐしていきます。というのも、肉離れとは筋肉の柔軟性を失うことで起こることが多いためです。
目に見える状態での外傷がないため、周りの人たちには辛さを理解してもらうのが難しいこともあり、そのことが大きなストレスや、時には焦りとなり、多少の痛みでも我慢して動いてしまい、再発することも少なくありません。また、患部を庇うあまり、動きがぎこちなくなったり、全力を出せなくなったりすることもあるので、完治するまでは決して無理なことは避けるように心がけることが大切です。

肉離れの痛みって?

スポーツをやっている人は、肉離れになったことがある人もいると思いますが、学生時代はずっと文系部活生だった私にとって全く無縁の症状でした。スポーツ番組や新聞を読んでいると、プロ選手の肉離れがよく取り上げられています。筋肉痛と違うの?と疑問に思ったので、実際にはどんな痛みなのか陸上部だった友人に尋ねたところ、こんな痛みだと回答されました。
「いきなりズキっと激痛が走る。ふくらはぎが攣った時の5倍ぐらい痛くて、全く歩けないよ」と言われました。ふくらはぎを攣ったただでさえ痛みに悶えるのにそれの5倍となると、考えるだけで恐ろしい痛みです。
肉離れは特にこれといった治療法がなく、アイシングをして痛みが治まるまでとにかく安静にしている事が大切だそうです。痛くて歩けないうえに、劇的な治療法がないとなると怪我と隣り合わせで毎日キツイ練習をしているプロスポーツ選手はすごい覚悟だなと思いました。
肉離れは、日常的に運動をしていなくても普段の生活でいきなり激しい動きをする事でもおこってしまうものだそうです。息子の運動会を前に張り切っている主人が肉離れにならないように、普段からストレッチやジョギングをするよう促さなくてはならないようです。

スポーツ選手は要注意、肉離れ!

肉離れとは、走ったり高くジャンプしたりなど、足に負担のかかるような運動をした際に発症しやすい症状です。筋肉の激しい収縮により筋繊維が傷つき、それが痛みとなって現れます。
発症と同時に痛みが襲ってくる場合がほとんどで、肉離れを起こしたときは絶対安静が求められます。むやみに患部を動かすと損傷が広まり、逆に症状が悪化します。無理はせず、担架などで運んでもらうようにしましょう。
軽度ならば痛みはあっても自力で歩くことができます。しかし損傷がひどいと自分で立つこともできず、手術しなければならないこともあります。肉離れの傷み具合によって、適切な対応を取るように心がけましょう。内出血を起こしているケースでは、患部が赤く腫れたり青く濁ったりします。これらの症状は翌日以降にハッキリと現れます。応急処置としてはアイスパックや氷嚢などで患部を冷やすことにより、痛みを幾分か和らげることが可能です。
肉離れの治療は基本的に、人間の自然治癒能力に任せます。その方が再発もしにくく痛みを感じることが少なくなるからです。症状が軽ければ数日から数週間で完治します。ですが肉離れは判断しにくい怪我なので、出来る限り医者に診てもらった方が確実です。

ハードスケジュールで肉離れ

中学から高校卒業までの6年間部活動でバレーボールをしていました。ポジションはエースアタッカーで毎日厳しい練習と筋肉トレーニングに励んでいました。
毎年夏休みに入ると、近隣校との練習試合や遠征が増える上にそれに向けて練習メニューも厳しいものとなりました。
高校2年生の夏休みの事です。合同練習、練習試合が1週間続くというハードスケジュールを乗り越えた後、だんだんとお腹に痛みが出始めました。内臓というよりは表面の痛みで、最初は筋肉トレーニング中やアタック練習中に少し痛みと違和感を感じる程度だったのがどんどんひどくなり、夏休みが終わる頃には背筋を伸ばして歩く事ができなくなっていました。
さすがに異常を感じたので総合病院へ行きました。お腹が痛いという症状なのでまず消化器科で診てもらうも異常なし、次は婦人科で17歳にして下腹部のエコー検査を受けました。高校の制服で受診したので待っている間は周囲の目が痛かったです。結局エコー検査で腹直筋に異常があることがわかり整形外科で診てもらいました。MRI検査で腹直筋に血腫があると分かり「お腹の筋肉の肉離れだよ。ハードスケジュールで無理したせいだね。」と医師から説明されました。肉離れは脚に多いイメージでしたがお腹に、そして自分がなるとは思いませんでした。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肉離れ(筋断裂)の他の体験談

外傷の体験談

  • 外傷性気胸になった経験があります。

    外傷性気胸

    胸が苦しくなって病院に駆け込みました。外傷性気胸と診断されました。交通事故にあい、胸壁に大きな外力が加わったことが原因だそうです。息をするたびに胸が強く痛みました。そして、息切れや呼吸困難を感じていました。 胸部のX線写真を撮る検査をしました。そして、胸に針を刺すことで胸の中の空気を排除する処置をしてもらいました。 交通事故の影響とはいえ、今までにこんなに激しく痛みを感じたことがなかったので、い…続きをみる
  • 高いヒールで足関節捻挫

    足関節捻挫

    いつもより少し高めのヒールのついたパンプスを履いていて勢い余って足首をグネッとさせてしまいました。歩けないことはないけど痛い・・・ということで念のため整形外科へ。病院に着くととりあえずレントゲンを撮られ先生の診察を受けました。「骨は折れてないけど足関節捻挫だね」と言われてテーピングをしてもらい帰りました。 捻挫した方の足はなるべく動かさないようにして、しばらく安静にしていると次第に腫れも引き痛み…続きをみる
  • なかなか消えない足の指の内出血

    内出血・足の指

    私は足の親指が上を向いています。そのせいなのかわかりませんがややつま先に圧迫感のあるスニーカーを履いていたら足の親指が内出血してしまいました。夏場で足の指にネイルをべったり塗っていたため、いつ内出血したのか不明です。ネイルを落とすときに発覚してパニックになりました。今考えると足の指がいつも少ししびれた感じで痛みを感じていました。 とりあえず、そのスニーカーを履くのをやめたら足の指の内出血は止まり…続きをみる
  • 内出血でできたあざの治し方

    内出血・あざ・治し方

    歩いていたら机に足をぶつけてしまい大きなあざが。もともと痕が残りやすい体質なので、いつも早く効果のでる治し方を実践しています。 内出血というのは外から受けた衝撃で出来るらしく、皮下が出血している状態です。このままにしていてもいつか治りますが、時間もかかるし見た目も悪し。当然、早く治したほうがいいですよね。 わたしがよくするのは、あざができたらとにかく早く冷やす、というもの。特に腫れると長くかかる…続きをみる
  • できやすくなった内出血の跡?身体は老化へと進んでいます。

    内出血・跡

    私は、3年ほど前に蕁麻疹がひどく1週間ほど入院していた時期がありました。入院中は、ずっと点滴を射していて退院後も手の甲に跡が残っていました。それが内出血っぽい形になり3年たった今も変わらず手の甲に残ったままです。直したいと思い薬を塗ってみましたがまったく効果があらわれませんでした。手の甲に跡があっても普段生活している中では気にすることはないのですが、大人になる前に、早めに、直せるものなら直したな…続きをみる