外出血がいしゅっけつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

外出血とは

外出血とは、組織とともに血管が損傷し、血液が外にでる状態。体外に血液が出ることによって、生命の危機に陥ったりする場合があります。そうなった場合は病院に着く前までに止血をすることができます。そうすることで助かった命があったというケースもあります。なので、止血方法を学んでおくことは大切です。

外出血の症状

外出血の症状では、血液が体外に出ることにより脈拍が早くなったり、不安、恐怖、敵意などの精神状態が現れたりします。

また血液が流れすぎると命の危機に陥る場合もあります。意識を失ったりすることもあり、出血が酷い場合は早めの対処が必要となります。一般の人でも止血法を学んでいる人は多く、自ら進んで止血を始める人も中にはいます。

症状が悪化してくると一般の人でもどうすることができないことがあるので、そういった場合は専門の人に任せることが大事です。またガーゼなどを持っている場合は止血に使えることもあるので、そういったもので止血をするのもまた効果的になる場合があります。状況を判断して行うことが大切となってきます。

外出血の原因

外出血の原因としては、事故に巻き込まれて皮膚が切られそこから血液が外に出てしまう場合が多かったりします。特に車の事故などに巻き込まれる場合が多かったりと、車の運転中の事故が色々な場所で起こっていたりします。
そうした事故に巻き込まれて外出血を起こしてしまう事もあり、日頃から車の運転には注意をすることが必要です。特に高速道路や交差点付近は事故が多く、車を飛ばしている人もいます。また車の事故によって、歩道を歩いている人を巻き込んでしまう場合もあるのでそういったことには十分気をつける必要があります。血を流しすぎると輸血をしなければいけない場合もあり、自分が思っている以上に被害が大きかったりする場合があります。

外出血の治療法

外出血の予防としては、まず誰でもできるのが服装に気をつけることです。あまり薄手の物で、足や腕が見えていると事故に巻き込まれた時に大怪我をしやすくなっています。なるべく肌を露出させない服を選ぶ人も多いです。また車の事故などに巻き込まれないように、日々の生活で運転を気をつけたり、横断歩道を渡るときも注意して渡るなど些細なことで事故を防ぐことができます。

そうすることで巻き込まれにくくなったり、怪我をして外出血を起こすということも少なくなります。ちょっとしたことで危険を回避することができるので、そういったことも含めて今一度考えてみる必要があります。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

外出血の相談

外出血に関するコラム