眼内異物がんないいぶつ

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

眼内異物とは

眼内異物とは、眼の外傷により異物が眼内に入ってしまった状態で、またその異物の種類や入り込んだ場所によってもその後の症状の出方に違いが生じます。網膜剥離や眼内炎、外傷性白内障などの症状の合併症を引き起こしますので、このような症状が出た場合にはなるべく早く眼科医院に行き、診察を受けましょう。

眼内異物の症状

眼内異物は、外傷により、外傷性白内障や網膜剥離、などの合併症による症状を引き起こします。眼内異物から発展すると、自覚症状としては、炎症による痛みや視力低下が現れます。

自覚がないまま、症状が進行してしまうこともありますが、眼内に残留された異物が大きい場合には、目に痛みを生じます。


まばたきをした際に痛みが生じたり、涙が止まらなくなるということもあり、目の充血が見られる場合も多いです。痛みがある場合はわかりやすいのですが、痛みがない場合は放置してしまうことがあります。このような場合は、鏡で目の状況を見て炎症や充血が見られる場合は、すぐに眼科医院で医師の診断を受けると良いでしょう。

眼内異物の原因

異物が眼内に混入するとことで、外傷性白内障や網膜剥離の原因となるのですが、眼内異物の原因そのものが外傷にあります。外傷の元となるのが、外からの打撃や飛来物などの混入が多いです。

代表的なものに、打撃系格闘技(ボクシング・総合格闘技)などのスポーツがあります。顔にパンチを受けた際に目にヒットして、眼内異物が残存してしまったり、作業でグラインダーを利用していて、削れた金属片などが目に飛来するなどのことで、目に損傷を与えることがあります。

また、その異物により、発展した症状して網膜剥離や外傷性白内障を合併症として発症しますが、これはすべて二次的におこる障害で、一次的な原因は外傷性であると言えます。

眼内異物の治療法

眼内異物そのものを予防することで外傷性白内障や網膜剥離は防げます。
飛来物を防ぐこと自体は作業時にメガネやゴーグルを着用するということで眼内異物混入を防ぐことができます。
視力に問題を感じたり、違和感がある場合は、早目に眼科を受診し、医師の診断を受けることで、早期治療が出来ます。また、治療後のしっかりとした休養も大切で、症状のある状態で目を酷使することは症状を悪化させるので注意が必要です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

眼内異物の相談