男性性器損傷だんせいせいきそんしょう

カテゴリ
外傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

男性性器損傷とは

男性性器損傷とは男性の男性性器が外部からの衝撃や事故により損傷を受けてしまう事をいいます。損傷が著しい場合には勃起をする事も出来ない状態になり、性交を行えなくなる可能性もあるので、将来子供を授かる事が出来なくなる場合もあります。

男性性器損傷の症状

男性性器損傷の症状は様々です。陰茎が深く裂傷していたり、アダルトグッズのリングが抜けずに鬱血を引き起こしている場合もあります。そして交通事故等の場合には陰茎自体が潰れてしまっていたり、切断されている場合もあります。

裂傷の場合は縫合する事が可能ですが、陰茎の一部が断裂し縫合が不可能な場合には陰茎を失ってしまう場合もあります。性交症による男性性器損傷の場合はリングが抜けなくなったり、アダルトグッズによる損傷ですが、リングが抜けなくなった場合には直ちにリングを除去しなければ皮膚が鬱血を引き起こし壊死してしまう可能性もあります。この場合は強い痛みを伴いますが、恥ずかしがって受診が遅れる場合もあります。

男性性器損傷の原因

男性性器損傷が引き起こされる原因は交通事故や手淫、性行為です。交通事故の場合はいつ発生するか分からないとも言えますが、手淫や性行為の場合は自身で危険な行為を避ける事で男性性器損傷をまぬがれる事も可能です。
手淫の場合は殆どが興味本位の危険な行為で引き起こされます。アダルトグッズであるリングが抜けなくなったり、身近にある瓶等を使用して手淫を行う事で思わぬ事故を引き起こしてしまうのです。
そして性行為の場合は無理な体勢で行為を行う事で陰部を損傷します。
稀に性器を刃物で切りつけられて男性性器損傷を引き起こすトラブルも存在します。そして日常生活で多いのが、排尿後ズボンのチャックをしめる際に皮膚を一緒に挟んでしまうトラブルも良く発生しています。

男性性器損傷の治療法

男性性器損傷を予防するには、危険を引き起こす可能性のある手淫や性行為は控える事です。特に男性の陰部は興奮すると形が大きく変化しますから、リングや筒状のアダルトグッズには注意が必要です。

そして無理な体勢での性行為は男性だけでは無くパートナーの身体を傷つけてしまう危険性もあります。お互いリラックス出来る体勢で行為を行うようにします。

挿入中に無理に立ち上がったり、無理な体勢をとると足元が安定せず転倒してしまう可能性もあります。それは大きな怪我にも繋がりますから無理な体位は控えるべきです。そしてもし性器に損傷が引き起こされれば、直ぐに医師を受診する事です。
  • このコーナーは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • 専門家の皆様へ。病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

男性性器損傷の相談