ペットの肥満細胞腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの肥満細胞腫とは

肥満細胞腫とは、粘膜下組織などに存在している肥満細胞が癌化する病気を指し、主に中高齢のペットで見られます。
肥満細胞腫には大きく分けて皮膚にできるもの(皮膚型)と内臓にできるもの(内臓型)があります。猫は真皮や皮下組織に腫瘤を生じる皮膚型が多いとされていて、特に頭部頸部での皮膚で見られます。皮膚単発の肥満細胞腫では比較的良性の経過をたどりますが、内臓型の肥満細胞腫は悪性の経過をたどり、転移することがあります。

ペットの肥満細胞腫の症状

皮膚型はとくに目の周りや耳介に発生することが多く、かゆみを伴ったり、伴わないこともあります。皮膚型の腫瘤の外見は一定せず、一つだけだったり、多発性だったり、盛り上がっていたり、潰瘍だったりします。

内蔵型の多くは小腸に発生するといわれています。その後、腹腔リンパ節を通じて脾臓や肝臓へ転移し、その結果食欲不振や嘔吐と言った症状を引き起こします。そのほかの症状としては体重減少などもあります。

ペットの肥満細胞腫の原因

肥満細胞腫の発症する要因ははっきりとは分かっておらず、多くの場合不明です。

ペットの肥満細胞腫の予防/治療法

肥満細胞腫は予防が難しく、飼い主の早期発見がポイントになります。ペットとのスキンシップを十分にとり健康診断などを定期的に受けるように心がけましょう。
治療は手術と化学療法・薬物療法があります。
腫瘍が腫瘤(しゅりゅう)を形成していたり、腫瘤の数が少なかったりする場合には外切除手術が選択されることが多くなります。
皮膚型の場合には比較的予後は良好ですが、脾臓や腸管などの内蔵型の場合など腫瘍の完全切除が難しい場合には、再発の恐れがあります。
化学療法・薬物療法は外科手術が難しい場合、完全切除が難しい外科手術の後に追加治療として行う場合に選択されます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください