ペットのリンパ腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットのリンパ腫とは

リンパ腫・リンパ肉腫は、白血球の一種であるリンパ球がガン化する病気で、腫瘍ができる部位によって3つのタイプに分かれ、それぞれ症状は異なります。
主な原因は、白血病ウィルスの感染によるものとされていますが、詳しくは判明していません。また高齢化による免疫力の低下やストレス、受動喫煙、腸炎などの発症もリンパ腫のリスクを高める可能性が考えられます。
目に見える分かりやすい症状が多いので、体調の変化に気を配ってあげることが大切です。

ペットのリンパ腫の症状

症状として様々タイプに分類され発症した組織によって症状が違います。
多中心型と呼ばれるタイプは初期症状は特に症状が出ないことが多く、体表面のリンパ節の腫れがみられます。
消化器型はおなかや腸が癌に侵され下痢、嘔吐、食欲不振がみられます。
縦隔型は胸にあるリンパ組織に腫瘍が出来て、肥大化や、胸に水が溜まり咳や呼吸困難などの症状がみられます。
節外型は範囲が広く上記3つに属さない腎臓や神経系などにみられ、主に腎臓に発生することが多く腎不全と同様の症状がみられます。

ペットのリンパ腫の原因

原因はっきりとは分かっていませんが、猫では猫白血病ウイルスの感染が原因の一つとされています。その他、ストレスや免疫力の低下により起こる可能性も考えられています。

ペットのリンパ腫の予防/治療法

予防法は特にありませんが、猫白血病ウイルス感染症との関連性が言われている猫では猫白血病に対する予防接種が有効と言われています。
治療は、リンパ腫のタイプによりますが主に複数の抗癌剤を組み合わせる多剤併用での化学療法、ステロイドを中心とした薬物療法が用いられます。治療法には、これらの治療法は獣医師と充分な相談をしたうえで治療計画を立てて治療していきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください