ペットの食道炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの食道炎とは

食道炎といいますと、なんらかの原因で食堂に炎症が起きることです。食べ物などを飲み込む際に痛みが生じます。
そして、食べ物を飲み込むと痛みで吐き出したりしますし、もっと悪化しますと自分のつばも飲み込むのが辛くなってきます。飲み込むたびに泣き出したりします。
これらの症状をほっときますと、体重の減少や脱水症状を起こしますので注意が必要です。予防としましては、刺激物になります薬品などを猫が届くところに置いたりしないことです。

ペットの食道炎の症状

食道炎とは何らかの原因で食道に炎症がおこった状態をいいます。食道炎になると食道に痛みが生じるために、食べ物を飲み込む時に痛みが起こるので、食べ物を飲み込んでもすぐに吐きだすようになります。痛みが強くなると唾を飲み込むことも辛くなるため、唾を飲み込めずによだれを垂らすようになってしまったりします。
また食べ物を飲み込みにくくなってしまうため、食欲の低下や飲水欲が低下してしまい、体重減少や脱水などを起こしてしまう危険性があります。さらには吐きだしてしまったものを誤って吸引してしまうこともあり誤嚥性肺炎などが起こり発熱や咳、呼吸困難などが生じることもあります。
症状が長期化すると食道狭窄や巨大食道症などを引き起こすこともあります。
原因は様々な事柄で起こります。異物や熱いものなどを飲み込んでしまったために食道粘膜がただれてしまったり、胃炎などで何度も嘔吐を繰り返した結果、逆流した胃液で食道粘膜がただれて発症することもあります。

ペットの食道炎の原因

食道炎は食道内に炎症が生じた場合であり、悪化すると粘膜を超えて粘膜下組織や筋層まで破壊することがあり、そうなるとその部位を修復しようとして線維化が進み、結果として食道内が狭まっていしまいます。この状態は「食道狭窄」といって、しばしば慢性的な食道炎を続発してしまいます。

原因は有毒物質の摂取・吸引、異物の誤飲・誤食、胃酸の逆流、感染症や医原性などあり、飼い主の方で予防できるものがある場合は予防しておくことが大切です。

また、その症状としては首へのタッチを嫌う、食べるのが遅い、食べてすぐ吐き出す、よだれを垂らすなどがあります。少しでも当てはまってるのならば病院へ行って治療を始めましょう。食道狭窄を起こしている場合は手術をすることになるので早期発見は大切です。

この炎症は命の危険はさほどない病気ではありますが、いつの間にか発症していた、なんてことがある病気であり、注意が必要とされていますので、十分気を付けましょう。

ペットの食道炎の予防/治療法

治療法は主に、炎症を緩和させるために粘膜保護剤、胃酸分泌抑制剤、抗炎症剤等の投与による内科的治療です。並行して、胃炎や膵炎等の原因となっている病気があれば、その治療も行われます。
症状が軽度の場合は流動食を少しずつ食べさせますが、重症のため食道を本格的に休ませればならない場合や猫が食事を受け付けない場合は、胃にチューブを通したり点滴により栄養や水分を補給する場合があります。
また、食道炎を何度も繰り返し食道狭窄を起こしている場合は、外科手術によって食道を拡張したり、狭窄部位を切除することもあります。
食道炎の予防としては薬品や熱いものと言った刺激物や、魚の骨など食道を傷つけるような尖ったものを猫が口にしないようにすることが重要です。
また、逆流した胃液で食道の粘膜が爛れることを防ぐために、嘔吐を繰り返しているような場合に早は早期に受診し嘔吐の原因となっている症状を治療することも、予防として有効です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください