ペットの巨大食道症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの巨大食道症とは

巨大食道症は食道の一部が異様に広がった状態になり、そこに食べ物や体液がたまってしまう病気で、食べ物が胃に到達せず未消化の状態で出てくる吐出という症状が現れます。
先天的なものと後天的なものがありますが、先天的な巨大食道症では幼若動物が適切な栄養を口から取り入れられないため、深刻な発育不良を伴います。

ペットの巨大食道症の症状

発症すると食道の蠕動運動が低下してしまうため、食べたものや体液が食道の拡張した部分にたまり、ふとした拍子に吐きだしてしまいます。この状態は食べ物が胃に到達していないため、未消化の状態で吐きだされます。症状が進行するにつれて、嘔吐もみられるようになります。この状態が続くと、食べ物を十分に摂取できなくなってしまうため、幼い動物では発育不良に陥ります。成熟動物でも次第に体重が落ち、衰弱していきます。
また吐き戻したり嘔吐した時に、食べ物や体液が鼻の中や気管に入ってしまうと鼻炎や誤嚥性肺炎を起こすこともあります。とくに誤嚥性肺炎は急死の原因ともなるため注意が必要です。

ペットの巨大食道症の原因

この病気の原因としては、食道自体に生まれつき障害がある先天性のものと、食道内の異物であったり慢性的な嘔吐などで食道炎を発症したりした場合の後天性なものとあります。

ペットの巨大食道症の予防/治療法

治療法としては有効な手段はなく、適切な飼育と管理をすることによって十分に成長していきます。予防も困難なので、普段から健康を管理して規則的な栄養を与えて、ストレスの少ない生活をしていくことが重要になります。巨大食道症をおこす前に早期発見と早期治療をしていきます。定期的に健康診断を行い、様子がおかしかったらすぐに病院で受診してもらうことが大事です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください