ペットの胃捻転

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの胃捻転とは

胃捻転とは食べ物や異常発酵などによって発生したガスで胃が膨らみ、ねじれてしまう状態のことです。これにより胃周囲の血管で血流が悪くなったり、重篤な痛みが生じます。
大型犬での発生が多く、胃の壊死や血流圧迫を起こし、ショック状態に至る為に治療が遅れたりすると死に繋がる危険性があるため、発見次第すぐに処置を行う必要があります。

ペットの胃捻転の症状

腹部のふくらみを伴った腹痛を起こし、落ち着きがなくなり、触られるのを嫌がるようになります。加えて、頻繁にげっぷをしたり、吐くようにえずく動作を繰り返してよだれを大量に垂らしたり、呼吸苦がみられたりします。膨れ上がった胃を腸が締め付けてしまい、周辺の臓器の圧迫や血流の障害を起こることでこれらの症状が起こります。

状態が悪化すると、周辺臓器(脾臓など)も一緒にねじれたり、大静脈や門脈の圧迫が起こって血流の悪化や炎症を起こしたりし、場合によっては胃の壊死・心筋虚血などでショック状態に陥ってしまうこともあります。

ペットの胃捻転の原因

この病気の原因はよくわかっていませんが、胃拡張を起こしている状態(例えば、食後すぐ)での運動が原因となりうると考えられています。また、横隔膜ヘルニアによる胃の位置のずれ、胃炎などの胃の病気から胃のねじれが生じてしまうともいわれています。

ペットの胃捻転の予防/治療法

重篤な捻転によるショックが現れた場合には、ショック状態を改善する処置を行います。それとともに胃に溜まっているガスを抜く処置を行います。また、捻転を修復するための外科手術を検討する場合があります。
発見が遅れると治療が難しくなるので早期発見が鍵となります。

この病気は原因がはっきりしていないことが多く、症状が急激にあらわれることがあるため、予防が大変難しいとされています。食後の満腹時に激しい運動を控える、他の胃の病気を抱えている場合は注意して観察をすることが挙げられます。また、過去に胃拡張胃捻転の既往がある大型犬では、予防的に胃を腹腔内で固定して再発を予防する外科手術を行うこともあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください