ペットの心筋症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの心筋症とは

心筋症は、心臓を動かす筋肉に異常が起こり、心臓のポンプ機能が損なわれる病気の総称です。「肥大型」「拡張型」「拘束型」の3タイプがあり、臨床的には、肥大型心筋症は猫で、拡張型心筋症は大型犬で多く遭遇されます。
いずれも進行すると心不全症状を伴い、心臓内の血液がうまく全身に循環しないことで全身症状も伴うようになります。原因は多くの場合は不明ですが、主に遺伝性疾患である可能性が指摘されています。

ペットの心筋症の症状

心筋症の症状は、病気を発症してから数年の間は無症状と言われており、ある程度進行している状態でないと自覚症状が現れないため、病院での健康診断などで発見する場合が多くあります。
症状としては、まず食欲不振や元気のなさが現れ、運動などを嫌がるようになったり、興奮するとすぐに息が上がるようになったり、ご飯を食べているのに痩せてきたりします。また、ひどくなると、咳や足下のふらつきや呼吸困難などが現れ、舌や歯茎の色が青くなるなどのチアノーゼを起こすケースもあります。
この病気では、心臓内の血液がうまく排出できないために血液がよどんで血栓ができ、全身に流れ出て末梢血管に詰まる血栓塞栓症が起こります。発症箇所は四肢末端(特に後肢)、肺血管、脳などが多く、突然の後肢麻痺や神経症状、肺水腫といった症状を伴います。

ペットの心筋症の原因

心筋症の詳しい発症の原因はわかっていません。
現段階でわかっている点を挙げると、肥大型は猫種(アメリカンショートヘアなどの短毛種やペルシャ、メインクーン)、年齢(6~10歳に好発)、性別(オスに多い)がリスク因子となります。拡張型は犬では大型犬が、猫ではタウリン不足がリスク因子として大きく、特定の猫種(シャム、アビシニアン)も発症しやすい傾向があります。拘束型は他の2型と併発することも多く、老齢のペットに起こることが多いです。

ペットの心筋症の予防/治療法

心筋症は病状により、「肥大型」、「拡張型」、「拘束型」の三種類に分けられます。根本的な治療法はないため、それぞれの症状によって異なる治療法を用いて症状を緩和させます。
肥大型の場合は、基本的には薬の投与によって症状の悪化を防ぎます。並行して、肺水腫を併発している場合は利尿剤等を用いて治療したり、血栓を溶かす薬を投与する場合もあります。
拡張型の場合は、血管拡張剤、利尿剤、強心剤等を投与することで心機能の回復を図ると同時に、血栓を予防するための治療法が取られます。また、猫では栄養素のタウリンの不足が一因となっているため、タウリンを十分に含んだ食事をとるようにします。
拘束型の場合は、血管拡張剤や血栓を予防するための薬を投与し、安静を保つことで病状の悪化を防ぐという治療法が取られます。
心筋症の原因は明確には判明してしないため、予防法がありません。少しでも症状が見られたら病院へ行き早期発見、早期治療を心掛けることが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください