ペットの心不全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの心不全とは

心不全は主にほかの臓器の異常や疾患が原因で心臓の働きに問題が起き、血液を体にうまく送ることが出来なくなる状態です。心筋症やフィラリア症、心血管異常などが原因となり、他には高齢のため心臓の機能が弱っていることも原因となります。

ペットの心不全の症状

心不全の初期症状としては、何となく元気がない、前より寝ている時間が増えた、ほんの少しの運動で疲れてしまって座り込んでしまう、一度息が切れてしまうとなかなか回復しない、咳が出ることが挙げられます。
そして、血液を全身に送る左心室と左心房の機能が弱まることにより、肺に水がたまるという肺水腫を起こしやすくなったりします。そのため、少しの運動や散歩をすることを嫌がるようになったりもしますし、咳もするようになります。
血液を送る肺に送る右心室と右心房の機能が低下してしまった場合は、おなかや足がむくんでしまったり、おなかや胸に水がたまる、尿量が少なくなる、下痢や便秘、肝臓が腫れるなどの症状が起こります。
さらに、心不全が悪化してしまうと、一日中咳が出てしまって、安静時に呼吸困難が見られたりします。ほとんど動くことが無く、食欲もなくなってしまいます。そして、失神してしまうということが起こります。

ペットの心不全の原因

心筋症やフィラリア症、心血管異常などが原因となり、他には高齢のため心臓の機能が弱っていることも原因となります。

ペットの心不全の予防/治療法

高齢や肥満、高塩分・高脂質、過剰な間食などの不適切な食餌が心不全を引き起こす心疾患のリスクファクターとなります。
適切な運動と合わせて、生活習慣を見直すことで心不全の予防となります。
心不全になった場合、原因に基づく治療が必要になります。心臓の疾患は症状が重篤化しやすく、死亡する危険もあることから速やかに適切な対処を施すことが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

ペットの心不全に関するコラム