ペットの腎盂腎炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの腎盂腎炎とは

腎盂腎炎とは、泌尿器の病気の一つであり、腎臓の部位の一部である腎盂に炎症が発生することによって引き起こされます。
腎臓全体に炎症が広がっていくため、次第に腎臓全体が機能不全になります。
原因は尿路への細菌の進入によるものが主であり、膀胱炎にかかっていると特に発症しやすいと言われています。
検査は主に採尿によって行われ、抗生物質の投与によって治療が行われます。
薬は効き具合によって量の調整が必要となるため、複数回通院する必要があります。

ペットの腎盂腎炎の症状

腎盂腎炎は、腎臓と尿管の接続部分に炎症が起こっている状態です。突然症状が出る急性のものと、軽い症状が長期間にわたって続く慢性のものに分けられ、それぞれで主症状が異なっています。
急性症状は、ぐったりした様子、発熱、食欲不振など炎症を起こす病気によくみられる症状と、尿のにごりや強い臭いがメインです。また、背骨の近くに位置する臓器である腎臓が炎症に冒されているため、特徴的な症状のひとつに「腰の痛み」があり、腎盂腎炎になった猫は腰の辺りを叩くと非常に痛がります。
慢性化すると、多飲水や尿量増加、尿の回数増加が主症状となります。この頃になると、炎症が腎臓全体に及んでいることもあり、慢性腎不全となるリスクが高まってきます。さらに症状が重くなると、体のむくみや食欲不振が悪化して、最終的には腎臓機能の低下により慢性腎不全につながってしまうこともあります。
飼っている猫が水を急にたくさん飲むようになった、おしっこの色が変だという初期症状のサインに気付いたら、早めに治療を始めることが重要です。

ペットの腎盂腎炎の原因

原因は、尿路が細菌に感染して膀胱炎にかかり、細菌が膀胱から腎盂に移動することで、炎症を起こすケースがほとんどです。そのため、尿路感染症の一種と位置付けられています。

ペットの腎盂腎炎の予防/治療法

治療法は、投薬治療により行います。細菌が原因であるため、原因の菌を尿検査で特定します。各種抗生物質を猫に投与することで炎症の改善がみられます。別の病気を併発している場合はそちらも合わせて対処します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください