ペットの腎炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの腎炎とは

糸球体腎炎は、老廃物をろ過する役目を持っている糸球体が炎症を起こして正常に働かなくなる病気で腎炎の一種です。
尿検査にて尿タンパクが多いことから見つかりますが、初期の時には症状がなく発見しにくいです。進行していくにつれ元気がなくなり、むくみや脱水の症状が出るようになり、そのままにしておくと腎不全になります。原因がまだまだ解明されておらず、細菌ウイルスに感染して悪影響が出るなどとされています。
症状に合わせて食事療法や抗炎症剤を投与したり、ひどくなると透析治療が必要になります。

ペットの腎炎の症状

糸球体腎炎は、最初は特に症状もありません。病気が進行してくると、ぐったりして元気がなくなったり、水を頻繁に飲むようになったり、毛のつやが悪くなってきます。食欲不振になったり、体のむくみや腹水がたまることもあります。消化器症状も出始めて、下痢をおこしたり時には吐いてしまうこともあります。
さらに症状が進行すると腎不全の症状が現れ、水をたくさん飲んではたくさんおしっこをするようになってきます。貧血症状も現れて発熱といった症状もでることがあります。また尿が濁ったり、悪臭のする尿が出るようになります。
さらに悪化して尿毒症を起こすと貧血が進行し歯茎や粘膜が真っ白になります。進行した状態が進むと心不全をおこしてしまいます。心不全になると肝臓が腫れ四肢がむくみ、苦しそうな息をします。酸素が欠乏してチアノーゼを起こし粘膜が赤紫に変色したり、失神することもあり、最悪の場合は死亡することもあります。

ペットの腎炎の原因

原因としてはウイルス感染と関連するケースと自己免疫性疾患に関連するケースが見られます。
いずれもウイルスやなどの抗原や自己に対する抗体が大量に産生された時に、大量の抗原-抗体の複合体が老廃物として血流に乗って流れ、腎臓の糸球体で濾過しきれずに糸球体組織にくっついて炎症を起こしてしまうのです。

ペットの腎炎の予防/治療法

糸球体腎炎に対する特効薬はなく、治療は対症療法が中心で症状の軽減と低下した腎機能をフォローすることを目的とします。別の病気によって糸球体腎炎が引き起こされている場合には、それらの基礎疾患と合わせて治療が施されます。予防することも困難な疾患なのですが、この疾患では早めの対処が必要になりますので、疑わしい症状が見られた時には受診するようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください