ペットの鼻炎びえん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの鼻炎とは

鼻炎とは、鼻腔や副鼻腔などの粘膜に炎症が起こる病気です。
猫風邪などのウイルス感染や、細菌、真菌感染による急性のものが多いとされますが、花粉やハウスダストなどのアレルギー性鼻炎などの場合もあります。
主な症状としては、くしゃみや呼吸困難、目やにや食欲不振、鼻水などです。
発症初期は、さらさらとした鼻水出るなどですが、長期化や重症化すると、鼻水に膿が混ざったり。鼻づまりによる呼吸困難なども起こる場合があります。

ペットの鼻炎の症状

初期症状は水っぽい鼻水が出始め、くしゃみを頻繁にするようになります。そして、徐々に水っぽい鼻水から粘り気のある鼻水になって鼻からの排出が困難になり、血混じりの鼻水が出る場合もあります。
また、猫では鼻で息をするので鼻が詰まると呼吸が困難になります。症状を放置し悪化すると慢性化してしまい治療しても治りにくくなります。

ペットの鼻炎の原因

鼻炎の主な原因はアレルギー性の病気、ウイルスや真菌の感染によるものです。また、外気が寒く乾燥している時鼻の内部が炎症を起こして症状が現れます。その他に、ホコリやアレルギー性物質を吸い込んでしまい鼻の内部の粘膜が刺激されて炎症を起こしてしまう場合もあります。

ペットの鼻炎の予防/治療法

治療は原因に基づいて行います。
ウイルス感染では、対処療法が基本となりますがさらなる二次的な細菌感染を防ぐための抗生剤を使うこともあります。真菌に対しては抗真菌薬を用います。
アレルギーが原因のケースでは、アレルギー症状を緩和する薬剤を投与したり、アレルゲンと接触させないように配慮します。

  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください