ペットの回虫症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの回虫症とは

回虫症とは、内部寄生虫の回虫が消化管に寄生することによって引き起こされる病気です。
それぞれペットの種類によって感染が成立する回虫の種類が異なり、犬では犬回虫、犬小回虫が、猫では猫回虫に感染します。
成長した大人の動物が感染してもあまり症状は出ませんが、幼若動物が感染した場合には下痢や軟便を繰り返し発育不良となり、死に至ることもあるので注意が必要です。

ペットの回虫症の症状

大人の動物であれば無症状であることも多く、多くは軽い下痢や体重減少、毛づやの悪さに現れます。幼若動物の場合は症状が激しく、発育不良や体重減少だけでなく、下痢や軟便、腹部膨満が表れます。回虫が体内を移動することで、咳(気管内)や嘔吐(食道内)が起こることもあり、便や吐しゃ物と一緒に回虫の幼虫が出てくることで回虫症だと判明することもあります。重症例では、成長した回虫により腸閉塞に陥ることがあります。

ペットの回虫症の原因

回虫の主な感染ルートは、感染力のある成熟卵をエサと一緒に口に入れてしまうことによる直接的な経口感染、成熟卵を摂取したネズミなどを食べてしまうことによる間接的な経口感染、母乳を通じた回虫の母子感染(垂直感染)です。成熟卵は水中などでも長い寿命をもつため、飼育環境によっては感染のリスクが上がります。

ペットの回虫症の予防/治療法

この病気の予防法は、定期的に便検査を行って便中に回虫の卵がないかを確認します。また予防薬もあり、フィラリアなどのその他の複数の内部寄生虫も予防できる複合的なタイプの薬が一般的です。これを定期的に投与するようにしてもいいでしょう。
また、猫が便をしたらその日のうちに片付けをして飼育環境を清潔にするようにします。そしてこの病気は母子感染することもあるので、妊娠前に母体は回虫駆除をするようにします。
回虫症になってしまった場合は、駆虫薬を投与します。
この病気は感染することがあるので、猫を複数飼っている場合は感染を防ぐためにすべての検査を行ったり、予防的に駆除薬を投与することも大切となってきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください