ペットの横隔膜ヘルニアおうかくまくへるにあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの横隔膜ヘルニアとは

横隔膜ヘルニアとは胸腔と腹腔の間にある横隔膜が、転落や事故などの要因によって破れ、破れたところから、腹部の臓器が胸腔内に入り込んでいる状態になる病気です。
外傷的なものの他に、先天的に心膜と腹腔がつながってしまった腹膜心膜横隔膜ヘルニアや食堂裂孔ヘルニアもこれにあたります。
症状としては、破れ方の大きさにより、呼吸困難や食欲不振、下痢や嘔吐、発育不良や体重低下などが多く見られますが、無症状の場合もあります。

ペットの横隔膜ヘルニアの症状

症状はその原因やヘルニアの大きさ、入り込んでいる臓器の種類や程度によって様々で無症状のこともあります。横隔膜が裂けている場合、頻呼吸や頻拍が見られます。心膜と腹腔が繋がっている場合、無症状のこともあれば、呼吸困難、食欲不振などの症状が見られたり、発育が不振だったりします。食道裂孔に異常がある場合は、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状が見られます。その中でも肝臓が入り込んでしまった場合は、肝障害を発症したり、神経症状が見られることもあります。
外傷性はその名の通り交通事故や落下などが原因の外傷によって発症し、傷を負った後にショック症状がみられることがあります。

ペットの横隔膜ヘルニアの原因

外傷により横隔膜が裂けた外傷性のものは、交通事故や転落事故が原因で起こります。
生まれつき心臓を包む心膜が腹腔と繋がっていることによるものは、遺伝子異常により、心膜と横隔膜の形成が不完全となってしまったことが原因と考えられています。
食道裂孔に異常があり、そこから腹部の食道や胃の一部が入り込んでしまうものの場合は、交通事故や転落事故が原因で起こったり、遺伝子異常が原因であったりします。

ペットの横隔膜ヘルニアの予防/治療法

横隔膜ヘルニアには大きく外傷性と先天性の二種類があり、それぞれによって治療法と予防法が異なります。
外傷性の場合の治療法は、まず外傷によるショック症状や重篤な症状を起こしていないかを確かめ、起こしている場合は状態を安定させることから始めます。状態が安定したら、臓器を正しい位置に戻し裂けた横隔膜を元に戻す外科手術が行われます。例外として、目立った症状が見られない場合は経過観察となる場合があります。
先天性の場合の治療法は、目立った症状が見られなかったり高齢でヘルニアが見つかった場合等は、手術を行わずに経過観察や内科的治療が行われます。しかし、若く、症状が重い場合には外科手術が行われます。
外傷性の予防法は、徹底した室内飼いを行うことで交通事故や転落事故を防ぐことで予防することが出来ます。先天性の場合は予防することはできませんが、遺伝子異常が原因となる場合があるため罹患しているペットを繁殖させないことで増殖を防ぐことが出来ます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください