ペットの脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

ペットの脱毛症とは

ペットの脱毛症は様々な要因で生じ、多くは基礎疾患に続いて生じます。
皮膚の症状ですが全身疾患に関連していることも多く、炎症、ホルモン疾患、心因性などと原因は多岐にわたり、脱毛や伴う皮膚の状態はそれぞれに特徴的なパターンがあります。

体毛が抜け落ちると皮膚が露出してしまい、外部からの刺激を受けやすくなります。
肌荒れや毛穴の炎症などの症状を併発することもあります。

ペットの脱毛症の症状

ペットの脱毛症はおもに、アトピー性皮膚炎、ノミ・ダニによる皮膚炎、カビ・細菌による感染症、ホルモン異常など、様々な原因によって引き起こされ、原因によって症状の出方のパターンが異なります。
脱毛の仕方が左右対称かどうか、脱毛の他に皮膚に炎症症状(赤み、かゆみ)が伴うかどうかが大きな柱です。
ホルモン性脱毛の場合、かゆがる様子や炎症反応が見られないケースが多く、左右対称に脱毛が進んでいくという特徴があります。
アレルギーや感染が原因の脱毛では、皮膚に炎症反応があるためかゆみをともない、脱毛の部位も散発的であるという特徴があります。

ペットの脱毛症の原因

アトピー性皮膚炎、ノミ・ダニによる皮膚炎、カビ・細菌による感染症、
ホルモン異常が挙げられます。
ホルモン異常には、クッシング症候群、甲状腺機能低下症、性ホルモンに関連した疾患などが含まれます。
また栄養失調やストレスなども発症の原因となり、栄養失調の場合は低品質の食品を摂取したり栄養素の吸収不良のため、ストレスの場合は舌で体をなめたり手や足で体を引っかいたりするために起こります。

ペットの脱毛症の予防/治療法

脱毛症の治療と予防についてはまずその原因を明らかにするとことが必要で、原因に対する治療が基本となります。

ストレス性のものであれば、そのストレスのもとになっている原因を解明し、飼主と共にそれをできるだけ取り除く方法を考えます。引越によるものなど、そのストレスを取り除くことが困難な場合には、しばらくの間、精神安定剤を与えることもあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

ペットの脱毛症に関するコラム