猫の椎間板ヘルニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアは、背骨と背骨の間にある椎間板が何らかの原因で脱出し、その付近を走行する脊髄を圧迫し、障害がでる病気です。
症状としては、痛みや痛みによる食欲不振、歩行の不全や異常などが挙げられますが個体差があります。重度の場合、四肢の麻痺や、排尿や排便の困難などが現れ、介助が必要となります。猫での椎間板ヘルニアは比較的まれと言われていますが、高齢猫での胸から腰にかけての突然の痛みや四肢の麻痺が生じた場合には疑われます。

猫の椎間板ヘルニアの症状

通常では脊椎の間に収まっている椎間板が変位して脊椎を圧迫して炎症を起こすため、これに伴い痛みが出てきたり、四肢に麻痺を起こしたりします。しかし明らかな脊髄圧迫が起きる猫の椎間板ヘルニアはまれです。
重症例では足に力が入らず、全く立てなくなる場合があり、その場合は飼い主さんの介護が必要となります。自力で排泄が不可能となるため、飼い主さんも獣医師の指導のもと排泄の手伝いを行う必要が出てきます。
痛みだけで震えてしまい、立てなくなるだけでなく、全く動けなくなってしまい、丸くなってうずくまってしまう猫もいます。ご飯を全く食べられず、トイレにも行けなくなってしまう猫もいます。足の甲を地面に擦り付けるような形で歩くナックリングと言われる歩き方をしてしまうこともあります。

猫の椎間板ヘルニアの原因

猫の椎間板ヘルニアは比較的まれですが、交通事故や高所からの落下などの外傷や、10歳以上の高齢猫での加齢による骨や関節の弱りや、コラーゲン組織の弱体化によって発症する可能性があります。
品種改良されている猫の場合には、潜在的に椎間板ヘルニアになりやすい場合があります。特に足が短くて胴体が長い品種のものが背骨に負担が掛かりやすいため発症する可能性があります。

猫の椎間板ヘルニアの予防/治療法

症状が軽度であれば、安静を図り、非ステロイド系の薬や抗炎症薬を使って痛みに対する対処を行います。重症例では、神経を圧迫している椎間板物質を手術を検討しますが、それでも症状が完全に改善せず麻痺が残るケースもあります。
神経症状が膀胱や直腸に及んでいると、自力排尿や排便が困難になる場合があるため、介助が必要になる可能性があります。またどうしても運動機能が戻らなく、生活に支障が出ているというときには、車いすを猫に取り付けることを行い、日常生活が楽に送れるようにしてあげ、猫自身の負担を少しでも減らしてあげるようなことを行っていきます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫の椎間板ヘルニアに関するコラム