猫の子宮ガン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の子宮ガンとは

猫の子宮腫瘍は中高齢の猫に見られ、発症率はそれほど高くありません。しかし腫瘍の50%は悪性とされており、その多くは子宮腺がんで、肝臓やリンパ線などにも転移しやすいので注意が必要です。
初期の子宮の腫瘍では、症状がなく避妊手術で見つかるケースもありますが、主な症状としては、お腹の張りやしこり、陰部からの出血やおりもの、便秘や下痢、食欲不振や元気がなく長く睡眠をとるなどの症状が現れます。

猫の子宮ガンの症状

猫の子宮の腫瘍は悪性腫瘍である子宮腺がんが主となります。
初期だと多くは無症状であり、発症すると外陰部から血や膿混じりのおりものが見られるようになります。また性周期の異常、嘔吐や便秘、下痢、食欲不振などの症状の他に、おなかが膨らんで来たり、元気がなく眠ってばかりでいるといった症状が認められます。腫瘍が大きくなってくると、おなかのふくらみが次第に目立つようになり、おなかに触れるとしこりが感じられることもあります。

猫の子宮ガンの原因

猫の子宮の腫瘍の多くは腺がんと言われています。その他一部の腫瘍では性ホルモンとの関連が言われていますが、多くの場合原因は不明です。

猫の子宮ガンの予防/治療法

外科手術によって子宮と卵巣を摘出することで治療します。しかし子宮腺がんのような悪性腫瘍の場合、発見時には既に多臓器やリンパ節へ転移している場合があり、その場合には抗癌剤などの化学療法と組み合わせた治療を検討します。
発生する原因が不明なため予防は困難ですが、若いうちに子宮・卵巣を摘出する避妊手術を行うことで発生を防ぐことができます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください