猫の膀胱の腫瘍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の膀胱の腫瘍とは

膀胱内に腫瘍ができる疾患です。移行上皮がんなどの悪性腫瘍の場合と平滑筋腫などの良性腫瘍の場合がありますが猫の膀胱の腫瘍に良性は少なく、多くが悪性腫瘍と言われています。
腫瘍が存在するために膀胱内での炎症や二次的な感染が生じたり、周辺臓器を物理的に圧迫したりすることにより、血尿や排尿のしぶり、排尿困難といった症状が現れます。
猫での膀胱腫瘍の頻度はそれほど高くありませんが、悪性腫瘍の場合、尿管など周辺臓器への転移に注意が必要です。


猫の膀胱の腫瘍の症状

膀胱の内側が炎症を起こして、ただれやすく過敏になることでおしっこの回数が増える、赤色や茶色、こげ茶色にような色をした血尿が見られる、また、痛みを伴うため頻尿困難、元気や食欲が低下する、などと多くは膀胱炎と類似した症状が出現します。
悪性腫瘍が大きくなり悪化すると、尿管を塞いでしまい、腎不全を引き起こしてしまうこともあります。又、悪性腫瘍が尿道や尿管に浸潤してしまうと、リンパ節や骨に転移することもあります。

猫の膀胱の腫瘍の原因

原因は不明で、かかりやすい品種も特定されていません。多くは高齢の猫に発症します。

猫の膀胱の腫瘍の予防/治療法

治療法は猫の年齢・進行具合によりそれぞれ異なります。外科手術の場合、腫瘍そのものを取り除くことができますが、転移などをしていた場合完治が難しくなります。また対症療法を行った場合抗がん剤を使って治療することになるのですが、これは進行を抑えるための治療で完治は難しいと考えられます。
猫の膀胱の腫瘍の場合、膀胱炎と症状がオーバーラップするため発見が遅れてしまうケースがあります。もし膀胱炎の症状がみられて改善しない場合などは、セカンドオピニオンなども検討しましょう。ガンは早期発見が大切です。毎年の健康診断や日頃の健康チェックなどを怠らないようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください