猫の基底細胞腫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の基底細胞腫とは

猫の基底細胞腫は皮膚腫瘍の一種で、皮膚の表面のうち一番基底の部分にある細胞に腫瘍ができることを指します。
頭頸部や体の表皮にイボや腫瘤(しゅりゅう)ができたり、部位に色素沈着が見られることで発見されますが大半が良性です。
悪性が低いといえど、放置するとその部位が少しずつ広がったりすることがあります。多くは切除手術で完治しますが、稀に腫瘍を切除しても再度同じ場所に再発するケースもあります。

猫の基底細胞腫の症状

表皮にイボのようなかたいしこりのようなものができ、この腫瘍が発生した場所は脱毛することもあります。
猫のがんの3割はこの病気と言われており、猫の皮膚がんの中で最も発症例が多いといわれています。悪性の可能性は低く、良性の場合は転移もほとんどありませんが、悪性のがんに移行したりするケースがあるため発症したら、早急に切除する必要があります。放置していると、その範囲が広がってきたり深く浸潤していきます。

猫の基底細胞腫の原因

この病気の原因はまだはっきりとはわかっていませんが、遺伝子の変異と言われています。比較的中高年の猫に発症することが多いと言われています。

猫の基底細胞腫の予防/治療法

原因は不明で、予防法は特にありません。毎年の健康診断に加えて日頃のスキンシップなどで注意深く猫を観察し、腫瘤を発見したら受診しましょう。
この病気は転移の可能性も少なく、極めて危険性の少ない皮膚腫瘍ですが、悪性の腫瘍の場合もあるため注意が必要です。
腫瘤ができた場合には外科手術で患部を切除して対処します。切除することによって多くの場合は再発する恐れもなくなります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください