猫の皮膚ガン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の皮膚ガンとは

猫では、脂肪腫や乳頭腫(パピローマ)、皮脂腺腫といった犬でよく見られる良性の腫瘍の発生は基底細胞腫を除き比較的稀と言われています。悪性腫瘍では扁平上皮がん、肥満細胞腫の発生が、中高齢の猫で注意が必要です。
細菌感染などによる炎症や、血豆との鑑別が重要かつ必要となります。急激にサイズや範囲が大きくなる、出血する、痛みが強いなどのサインがあると腫瘍の可能性が高まりますので、早めに受診するようにしましょう。

猫の皮膚ガンの症状

猫に皮膚の腫瘍の疑いがある場合には腫瘍の種類に応じて症状が現れます。皮膚が盛り上がっていたり、普段では見られない様なしこり等が出て来たりします。そのしこりも柔らかいものや硬いもの、赤くなって熱を持っているもの等様々あるのですが、最初は柔らかいしこりがだんだんと硬くなって大きくなって来たり、表面がぼこぼこになったりする場合は悪性腫瘍の可能性が高くなり、腫瘍の大きさが2cmを超えると悪性化しやすいと言われています。
また、目、鼻、耳の周辺や顔面等に小さな潰瘍が出来始め、それらの部分がだんだんと大きくなって行き、くさい臭いがし始める様な事があります。そして、その病変の部分が出血したり壊死したりする場合があります。この様な症状の時も悪性腫瘍である可能性があります。
腫瘍の発生部分によっては、食欲不振になったり歩行困難になったりする事もあります。猫の場合、皮膚や脇腹等の体幹部分に出来る物に関しては、良性の腫瘍である事が多いです。

猫の皮膚ガンの原因

大半の腫瘍では、発生の原因はわかっていません。

白い猫に多く見られる扁平上皮がんは、長時間紫外線を浴び続けることが原因であると考えられています。白い猫に多いのは日光の影響を受けやすい被毛の色であるためであり、被毛の一部だけが白いという猫であっても同様になりやすくなっています。また、たばこの煙など、大気汚染の原因となる物質も原因と言われています。

猫の皮膚ガンの予防/治療法

猫に皮膚の腫瘍ができてしまった場合には、まずその腫瘍が良性か悪性か又は細菌感染による膿瘍やぶつけたりしてできた血瘍かを判断する必要があり、腫瘍の場合には完全切除や症状に合わせた化学療法を行います。膿瘍は切開し溜まっている膿を出し患部を清潔にし抗生剤の投与を行います。血瘍は切開や症状に合わせた薬の投与が行われます。
また、猫の皮膚ガンについて腫瘍が悪性の時にはガン周辺の皮膚を外科的治療で切除することがメインの治療法となりますが、これに加えて放射線治療や抗がん剤の投与等も行われることがあります。
猫の皮膚がんは、白猫に多いと言われていますが黒猫がならないわけではないので、予防方法としては原因となる紫外線の影響を少しでも減らすために室内飼いをすることや、日差しが強い時間帯に日光浴をさせないようにするなどの対策があります。
どのしこりの場合にも、症状の悪化を防ぐためにも早期発見と獣医の診断を受けることが重要となります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください