猫の"おトイレそそう"を治す方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
執筆者画像

監修:Doctors Me 獣医師

そそうの原因と猫がトイレに好む場所は?

どんなにかわいいネコちゃんであっても、そそうは頭の痛い問題ですね。原因はさまざまですが、やり方次第で改善することができます。
これまでトイレでできていたのに急にそそうをするようになった時は、原因として、腎臓や膀胱、尿道などにトラブルがある場合があります。病気のせいでトイレまで我慢できず、途中でしてしまうのですから、決して叱ったりしないでください。また、不思議なことに病気が治っても、この時の場所でするようになる猫がいます。
事故や病気、加齢で身体が不自由になったらトイレに行くのが億劫になりそそうをするなら、トイレの数を増やしてあげたり、いつもいるお気に入りの場所の近くにトイレを移動してあげるとよいでしょう。
また、猫は、細かい砂、ドアマット、バスマット、じゅうたん、お布団などある特定の感触を好みます。場所も部屋のすみ、テーブルの下、押し入れの中など好む場所があります。可能な限り、そこを猫のトイレにしてあげましょう。

消臭&ご飯でそそう対策を!

部屋中でそそうをするなら、一時期ではありますが(猫が覚えるまで)、部屋中にご飯を置いてみてください。猫はご飯とトイレが近いのを嫌がるため効果があります。沢山ではなく小皿に少しだけで大丈夫です。
ご飯を置くのが無理なら、嫌がる匂い(サロンパスやみかんの皮)をつけてみてください。あるいは可能ならビニールで覆って感触を変えてみてください。気をつけることは自分のオシッコの臭いがする場所でしたくなるので、そそうの場所は徹底的に掃除してください。洗剤を薄めたものでしっかり拭いて二度拭きし(オシッコの中のタンパク質成分を除去)、アルコールが使える場所ならアルコールを吹き付け、オシッコの中の脂肪分を除去するとともに除菌をしてください。
洗剤に独特の匂いがついていると、かえってその匂いが気になり、そこでオシッコをしようとする猫がいますので、酵素入りか生物洗剤をお薦めします。

しかし、どんなに根気よく頑張っても直らない場合があります。犬と違い、そういう猫は怒られても気にせず、自分のしたい所でします。あるいは、怒られたことでストレスを感じ混乱し、ますます色々な場所でしたり、ソファーやTVの裏など人が簡単に気付かない場所で隠れてするようになるため、見極めが重要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法や専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたいコラム

もっと見る