猫の中耳炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の中耳炎とは

猫の中耳炎は中耳(鼓膜より奥)に炎症が起き、痛みが生じる病気です。
猫の中耳炎の多くは、細菌感染や耳ダニなど寄生虫感染が主です。中耳炎は外耳炎から発症するケースが多く、炎症が鼓膜を越えて奥まで広がっていきます。
抗生剤の内服や点耳薬で多くは対処しますが、炎症・化膿の程度が大きい場合には外科手術が必要となります。

猫の中耳炎の症状

一般的な外耳炎の症状に加えて強い痛みを伴うため、頭を振ったり、頭を触られるのを嫌がったり、元気がなくなったり、発熱が見られる場合があります。炎症がさらに内耳に広がると平衡感覚に支障をきたし、ふらつきが見られたり、重度になると顔面の一部に麻痺がみられる場合もあります。

猫の中耳炎の原因

猫の中耳炎は外耳炎が悪化したり慢性化することにより、鼓膜の奥にある中耳にまで炎症や感染が広がって引き起こされるケースが多くなります。
その他には、真菌や細菌や耳管から侵入してきたウィルスが原因の場合、中耳は耳管を通って咽頭の奥につながっているために咽頭炎から中耳炎が生じるケースが挙げられます。

猫の中耳炎の予防/治療法

治療方法は、原因を特定することが大切で、その原因に応じた治療を行います。外耳炎から起因する場合は、まずは外耳炎の治療を、真菌や細菌が原因が場合は、抗生物質や抗真菌剤が投与されます。
炎症がひどい場合には抗炎症剤も投与されますが、中耳炎は抗真菌剤や抗生物質などの内科的な治療ではよくならないケースもあり、そうした場合には猫の様子を見ながら手術をすることになります。

こうしたことにならないようにする為には、外耳炎にならないようすることが大切です。外耳炎の予防は普段から猫の耳の中の状態をチェックしてあげたり、耳を痒がっていないかと観察してあげることです。もし、外耳炎になった場合は早めに動物病院へ連れて行き、早期治療を施すように心掛けることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください