猫の糖尿病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の糖尿病とは

糖尿病は血液中の糖分を体内へ吸収できず高血糖の状態が続き、各種代謝異常が起こる病気です。
猫ではインスリンが分泌されているにも関わらず効きが悪くなる、インスリン抵抗性が原因の大半と言われており、中高齢の猫で見られます。

猫の糖尿病の症状

猫の糖尿病の初期段階の症状は、食欲が増え、たくさん餌を食べているのに体重が増加しない、水をたくさん飲む、それに伴っておしっこの量が増えるなどがあげられます。血液中の糖を細胞がうまく吸収することができずに尿として排出してしまうため、エネルギー不足、脱水気味となるためにこのような症状がみられるのです。
また症状がさらに進行すると、次第に体重が減り、食欲も減少してきます。ケトン体と呼ばれる酸性物質が体内に蓄積し、体液が酸性に傾くケトアシドーシスという代謝異常が起こり、命に関わる状態になってしまう場合もあります。重度のケトアシドーシスの場合には、マニキュアの除光液のようなにおい(アセトン臭)がするのが特徴です。また、下痢や嘔吐をしたり、意識障害を起こしてふらついたりすることもあります。ひどい場合には昏睡状態に陥ることもあります。
また、糖尿病が深刻化すると、腎障害や脂肪肝などの肝疾患のほか白内障や網膜症、歯周病を併発することがあり、黄疸がみられることもあります。

猫の糖尿病の原因

糖尿病はインスリン依存型とインスリン非依存型に分けられ、それぞれによって原因が異なりますが、猫での糖尿病はインスリン非依存型(手インスリン抵抗性)が大半です。

インスリン依存型は、慢性膵炎、アミロイドーシス、遺伝的な要因や先天的な異常でインスリンを分泌している組織が破壊され、体に必要な十分な量のインスリンを生成できなくなることが原因です。
インスリン非依存型は、肥満やストレス、食事を大量に早食いすることや運動不足と言った生活習慣や、年齢による基礎代謝の低下、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、慢性的な炎症疾患等の基礎疾患が原因となります。
その他にも、副腎皮質ステロイド、黄体ホルモン等の薬にはインスリンの働きを弱める作用があるため、原因となることがあります。

上記の原因により、脾臓から分泌されるインスリンの量が少なくなったり体のインスリンに対する反応が悪くなることで、必要な糖分を取り込めなくなり血糖値が異常に高くなることが原因となって糖尿病が発症します。

猫の糖尿病の予防/治療法

適切な食餌と運動で、過度に太らせすぎないことが予防の観点で重要になります。
糖尿病の治療は、血糖値を下げるインスリン補充療法と食事療法の2つが柱となります。
インスリンへの反応が個体と病態によって異なるため、治療開始時には入院下で血糖値を持続的に測定しながらインスリンを投与し、適切な投与量を決定するケースが多くなります。投与量が決定されれば、自宅にて飼い主がインスリンの皮下投与を行うことも可能になります。
食餌は血糖値の上昇をゆるやかにするために高繊維食の処方食が選択されます。食餌とインスリン補充の両方により、血糖値を上げすぎず下げすぎずバランス良く維持するという考え方が重要になります。
また、糖尿病に関連する基礎疾患がある場合には、そちらも適宜治療が必要になります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫の糖尿病に関するコラム