猫の白内障はくないしょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の白内障とは

目の中にあるレンズ(水晶体)はたんぱく質からできていますが、このたんぱく質の変性により水晶体が白く濁ることがあります。これを白内障と呼びます。
水晶体全体に白濁が及ぶなど重症になると視覚喪失を伴い、また外観からも目が白いと分かります。逆に軽症の場合には外観から判別しにくい場合が多く、専用の機器を使って病院で精密検査をすることで診断されます。

猫の白内障の症状

白内障では水晶体が濁るので進行程度にもよりますが、黒色ではなく白色の濁った眼に見えます。
白く濁った眼では視界が悪くなりますが、軽症あるいは片側のみで発症している場合には正常な部位で視野をカバーするため、気づきが遅くなります。両側で白濁が重度に進行すると視覚を失い、行動範囲が狭まったり壁伝いに歩いたりしているなど行動の変化が現れます。
また、変性した水晶体のたんぱく質は異物として炎症を引き起こし、ぶどう膜炎を続発して痛みが生じることがあります。

猫の白内障の原因

猫の白内障は人や犬に比べると発症がまれで先天的・後天的に起こることがあります。先天的な発症はおもにペルシャやヒマラヤンで報告されており、後天的では何らかの外傷、眼科、糖尿病などの疾患、子猫時代の栄養失調などが原因とされています。外傷の場合、片目だけのものが多いのですが、猫同士の喧嘩で爪で目をひっかかれたり植物などの棘が目に入り水晶体を傷つけることで白内障が起こります。

猫の白内障の予防/治療法

猫の白内障については、老齢性によるものは少なく、外傷性のものや他の眼疾患が原因となるものが多いです。
そのため、予防するためには、猫のケンカを防ぐために室内で飼育したり、多頭飼育の場合は相性の良い猫を選んだりすることが望まれます。また、猫の瞳や普段の様子を細かくチェックすることが眼疾患の早期対策につながり、結果として白内障を引き起こすリスクを下げることもできます。

水晶体の白い濁りはたんぱく質の変性のため、点眼薬や内服薬で取り除くことはできません。初期段階では症状の進行を抑制する目的で点眼薬を使うことはありますが、確かな効果は確認されていません。また、他の眼疾患により引き起こされた場合には、そちらの疾患の治療も行います。
白内障の根本的な治療は、水晶体を外科的に取り除く外科手術のみとなります。日常生活で不自由が生じたり、眼内炎を伴う重度な白内障で検討されます。水晶体があったところには人工の眼内レンズが装着される場合もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫の白内障に関するコラム