猫の緑内障りょくないしょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の緑内障とは

目の眼圧が異常に高くなることで網膜や視神経にダメージが生じ、視覚障害を起こす病気です。
眼圧を保つ働きがある眼房水の量を、何らかの原因でうまく循環できずに保てなくなると、目の中に水が溜まり眼圧が上がります。
大きく分けて2種類あります。急性緑内障は、急激に眼圧が上がり、瞳孔が開きっぱなしになる症状です。角膜が青みがかった灰色に見え、痛みも強く、目を触れられるのを極端に嫌がるようになります。
慢性緑内障は、ゆっくりと症状が進行していきます。眼房水によりだんだんと眼球が大きくなり、角膜に引っかかったような状態に見えます。

猫の緑内障の症状

猫の緑内障は眼球の中を循環している房水が、なんらかの理由で眼球内部に溜まってしまい、眼圧の上昇によって網膜や視神経に悪影響がでる病気です。
この結果猫の眼が充血したり、視野狭窄など視力に影響が出たり、本来光の強弱によって小さくなるはずの瞳孔が開きっぱなしになり光をまぶしがるようになります。眼球自体も膨張し次第に眼球が飛び出てくようになります。眼に強い痛みも感じるので頭をなでられるのを嫌がったり、痛みによって食欲の低下や嘔吐なども引き起こします。
症状が進行すると失明、網膜の壊死、白内障などを二次的に発症することがあります。場合によっては手術で眼球自体を摘出しなくてはならない場合もあります。

猫の緑内障の原因

猫では他の眼内疾患により房水の流れを阻害されて起こる場合が大半で、緑内障のみが単独で起こるケースはまれです。
眼内の炎症による房水中にたんぱく質含有量が増した状態、水晶体脱臼や眼内腫瘍などで房水の抜け道が塞がれた状態などが挙げられます。

猫の緑内障の予防/治療法

この病気の治療は眼圧を下げ、視力障害の進行を抑えること目的に行う治療と、すでに失明してしまった場合は痛みを抑える治療があります。残念ながら失明したケースでは、痛みや炎症を抑えるために失明した眼球を摘出する手術を検討することもあります。

予防することは困難な病気ですが、できるだけ初期に治療を行えば眼圧が下がる可能性が高まります。なので普段から猫の目を観察して早期発見、早期治療ができるように心がけることが必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください