猫の心不全

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の心不全とは

心不全は何らかの原因で心臓に異常が起きて、血液を全身に送るという本来の機能が低下している状態です。心筋症や血管異常、フィラリア症などの他、高齢のため心臓の機能が弱っていることも原因となります。

猫の心不全の症状

猫の心不全の症状の発症初期症状としては、何となく元気がない、前より寝ている時間が増えた、ほんの少しの運動で疲れてしまって座り込んでしまう、一度息が切れてしまうとなかなか回復しない、咳が出ること、が挙げられます。
そして、血液を全身に送る左心室と左心房の機能が弱まることにより、肺に水がたまるという肺水腫を起こしやすくなったりします。そのため、少しの運動や散歩をすることを嫌がるようになったりもしますし、咳もするようになります。
血液を送る肺に送る右心室と右心房の機能が低下してしまった場合は、おなかや足がむくんでしまったり、おなかや胸に水がたまる、尿量が少なくなる、下痢や便秘、肝臓が腫れるなどの症状が起こります。
さらに、心不全が悪化してしまうと、一日中咳が出てしまって、安静時に呼吸困難が見られたりします。ほとんど動くことが無く、食欲もなくなってしまいます。そして、失神してしまうということが起こります。

猫の心不全の原因

心筋症や血管異常、フィラリア症、加齢などにより心臓の機能が低下することが原因となります。

猫の心不全の予防/治療法

心不全に対しての治療は対症療法となり、主に内科治療が中心です。また、原因疾患に対する治療も並行して行います。
心臓への負担を減らすために生活状況の改善が大切です。過度の運動や塩分の多い食事を避け、猫の負担を少しでも減らすことが大切となっています。特に高齢の猫はその年齢も含め、発見が遅れる場合もあるので十分注意をして生活するようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください