猫のクリプトコッカス症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫のクリプトコッカス症とは

クリプトコッカスという名の真菌による感染症です。これはカビの一種で、免疫力の弱った猫が吸い込んで発症するため、呼吸器系によく症状が現れます。
くしゃみやいびき、慢性的な鼻水といった症状が続きます、悪化すると鼻の中に肉芽腫が形成され、髄膜炎、脳炎を引き起こすこともあります。

猫のクリプトコッカス症の症状

くしゃみや、膿や血の混じった鼻汁が出るようになって、いびきをかくこともあります。肺炎というかたちで発病することもあり、合わせて食欲がなくなる、発熱するという状態になることも多く見られます。
また病原は血液とともに体中を巡るため、皮膚が侵された場合は、目の周りや鼻すじがはれて、目やにが出たり炎症を起こしたりし、体のいろいろな場所にも、しこりや潰瘍ができます。できた肉芽腫が鼻の穴をふさいでしまうこともあります。神経系に症状が現れた場合は、けいれんやマヒが出たり、運動機能に障害を起こしたりし、ぐるぐる旋回するといった行動をとるときもあります。
この病気では真菌に感染した場所によって、いろいろなところに症状が発生するため、他の病気と間違えないように注意が必要です。

猫のクリプトコッカス症の原因

真菌によって起きる病気ですが、クリプトコッカスは鳩などの糞便に多く存在するため、鳩によって様々な場所に運ばれ、鳩の糞便に汚染された周囲の土壌中や空気中に多く存在しています。このため汚染された地域で過ごす猫は感染する可能性が高くなり、発症しやすくなるのです。また猫免疫不全ウィルス、猫白血病ウィルスに感染しているなど免疫力が低下している場合は、健康な猫に比べて感染しやすくなっています。

猫のクリプトコッカス症の予防/治療法

治療では抗菌剤の投与が行われます。
この真菌は環境中に多数存在しているため、確実に予防することは困難です。しかし、普段から猫の周囲の衛生環境に注意するなどの配慮をすることで予防が可能です。また猫だけに留まらず、免疫力が低下している子供、妊婦、持病のある方、高齢者などにも感染する可能性があるので注意が必要です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください