猫の白血病ウイルス感染症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の白血病ウイルス感染症とは

猫白血病ウイルス感染症は、猫白血病ウイルス(FeLV)に感染することで引き起こされる病気です。
感染すると食欲不振や体重減少、長く続く下痢や貧血が現れます。
このウイルスに感染すると免疫力が低下しますので、様々な病気にかかりやすくなり、傷やケガが治りにくくなります。このウイルスは感染している他の猫との接触でうつります。ケンカ、感染猫との食器の共有、母猫からの母乳による感染などが感染の原因になります。子猫のうちから年に一度の間隔で、予防接種を受けておくことが有効です。

猫の白血病ウイルス感染症の症状

白血病ウイルス感染症とは猫白血病ウイルスによる猫の感染症です。
猫がこの病気に感染すると初期症状として、発熱・いつもの元気がなくなる・リンパ節が腫れる・貧血が引き起こされるなどといった症状が出てきます。このような症状が約1カ月程続きます。普段だと発病する事のない日和見感染を起こす場合もあります。免疫が強い猫だとそのまま回復する場合もありますが、そうでない場合だと、ウィルスが潜伏する場合があり、その場合だと2年から3年の潜伏期間ののちに再発し、リンパ腫や白血病などの悪性腫瘍を発症する可能性が非常に高くなります。
また、再生不良性貧血などを引き起こす場合もあります。特に貧血は要注意で、重度となると命が危なくなります。この病気を増悪させる病気として、猫免疫不全ウィルス感染症や猫伝染性腹膜炎があげられます。

猫の白血病ウイルス感染症の原因

白血病ウイルス感染症の原因のひとつに、接触感染でウイルスに感染している猫の、唾液や血液、涙などから、猫同士がケンカしたり、なめあったりなどして接触することで感染します。
また母猫の母乳を通してから、また胎内にいるときに移してしまう母子感染が原因となることもあります。ウイルスに感染した猫から感染します。しかし、猫以外に感染することはありません。リンパから血液、骨髄などに感染していきます。

猫の白血病ウイルス感染症の予防/治療法

猫白血病ウイルスに対する根治的な治療法はまだ確立していないため、それぞれの症状に合わせて対処療法が主になります。
一番の予防は感染猫と接触させないことです。そのためにも室内飼いを徹底することが推奨されています。また予防率は100パーセントではありませんが、ワクチン接種も有効とされています。また普段から十分な栄養と清潔な飼育を心掛けることも大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫の白血病ウイルス感染症に関するコラム