猫の腎臓病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の腎臓病とは

急性腎不全は猫の腎臓病の一つに分類されます。
腎機能が急に低下し、元気や食欲がなくなる、排尿量の減少、吐き気などの症状がでます。重症化して尿が出なくなると尿毒症に移行し、非常に危険です。最悪の場合死に至ることもあり、早期に治療を開始することが重要です。

猫の腎臓病の症状

腎機能の低下に伴い、吐き気や食欲の低下、元気消失が現れます。
急性腎不全の初期では腎臓の尿を濃縮する機能が障害されるため薄い尿が大量に出る時期があり全身の脱水が生じますが、障害が徐々に悪化すると尿が生成されなくなり尿が少なくなります。
また腎臓は赤血球を発育させるホルモンを産生する臓器であるため、進行した腎機能低下により貧血が生じます。

猫の腎臓病の原因

急性腎不全は腎臓病の一種で、腎臓の働きが著しく低下する病気です。急性腎不全の原因は主に3つあります。
・腎前性腎不全
脱水、出血、心筋症などの心臓病などのために腎臓に流れ込む血液量が大幅に減少することです。
・腎性腎不全
腎毒性物質の中毒や糸球体腎炎など免疫介在性疾患、腎盂腎炎などの感染症により腎臓や、尿細管に損傷を受けることです。
・腎後性腎不全
交通事故など何らかの原因で、尿管、膀胱、尿道のいずれかに損傷を受けたり、結石による尿路閉鎖が起こり、尿が排出されないことです。

猫の腎臓病の予防/治療法

予防については、食事の管理(人間用に味付けされたものではなく、猫専用の栄養バランスのとれたものを与える)や、トイレを清潔にして腎不全や尿路感染症につながるような細菌を防ぐことが大切です。また、不凍液に使われているエチレングリコール、ユリ科の植物、ブドウなどの腎臓を機能不全にしてしまうような物質の誤飲にも注意しましょう。

死亡する危険も高いので発症後速やかに、入院よる集中治療を行います。利尿剤や点滴、透析治療によって体にとって有害な物質の排泄を促します。内科的治療だけで症状がコントロールできない場合には、直接お腹に点滴を入れる腹膜透析といった方法もあります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください