猫の条虫症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の条虫症とは

猫の条虫症とは一般的に「サナダムシ」と呼ばれる、いくつもの片節(体節)からなる条虫が猫の小腸に寄生された場合に現れる症状全般のことです。下痢や嘔吐、食欲不振、体重減少などの症状を引き起こすことがあります。ネズミやリスなどのげっ歯類やノミ、カエル、ヘビなど口に入れたり、捕食することで感染します。

猫の条虫症の症状

条虫に寄生されると、食欲が低下したり、下痢や嘔吐、腹痛、体重の減少や毛づやが悪くなったりすることがあります。しかし、条虫の寄生している数が少ないと、ほとんど症状が見られず飼い主さんが気がつかない場合があります。しかし、猫がしきりにお尻のあたりを気にして、肛門の辺りを壁や地面などにこすりつけていたり、舐めて取ろうとする様子が見られたり、肛門の辺りに白っぽい短いひもや米粒のようなものが付いているのを見つける場合もあります。ただし、この場合に注意が必要で肛門に白いものがあるからといって引っ張ってはずしてあげればいいというわけではありません。もしかすると、誤飲した紐などの異物が腸に引っ掛かって出てきているということも考えられるので、無理に引っ張って腸を傷つけてはいけないので白いものが動いていない時には取り除かないということも大切になります。また、便に混ざって片節がでてくることもあります。

猫の条虫症の原因

条虫症の主な原因は、瓜実条虫、猫条虫、マンソン裂頭条虫です。これらの寄生虫は中間宿主(無性生殖や幼虫の発育だけが行われて寄生虫が終宿主に寄生する前に寄生する宿主)が違い、瓜実条虫はノミに、猫条虫はおもにネズミで、マンソン裂頭条虫はカエルやヘビなどに寄生しており、これらを猫が口にいれたり、捕食することで猫を終宿主(寄生虫が成虫まで成長して虫卵を産むのに適した宿主)として感染が成立します。終宿主である猫の便には卵や片節が排泄され、この卵が様々な寄生虫や小動物を媒介することにより最終的に猫に感染することが原因と考えられています。

猫の条虫症の予防/治療法

条虫症の治療は、駆虫薬を投与します。また、下痢や嘔吐など症状が見られる場合には、症状に合わせて対症療法も行います。条虫症になかでも、瓜実条虫が原因の場合には、ノミの駆除も合わせて必要となります。                                          予防するには感染源の遮断が最も効果的で、媒介するノミの駆除、屋外の水たまりに近づけさせない(飲むと条虫に感染する可能性)、生魚を食べさせない(条虫が生魚に寄生している場合がある)などがあります。また、飼い猫が外で散歩をする際などには、できるだけ飼い主が付き添い野生動物を捕食したり死骸を口にしないよう気をつけるよにして、条虫に感染するリスクを減らすポイントになります。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください