猫の横隔膜ヘルニアおうかくまくへるにあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の横隔膜ヘルニアとは

猫の横隔膜ヘルニアとは、胸部と腹部の間を隔てている横隔膜が、破れたり裂けたりすることで、破れたところから腹部の臓器が胸腔内に入り込んでしまった状態のことです。横隔膜は、肺や心臓をを入れた胸腔(きょうくう)と胃や腸、肝臓などを入れた腹腔(ふっくう)とを隔てている、筋肉でできた膜のことです。この横隔膜に損傷が起こると、腹部の臓器が胸腔内の臓器を圧迫して呼吸困難などの症状や、腹腔内の臓器が正常な位置にないために嘔吐・下痢などの消化器症状を引き起こします。ただ、破れた大きさや裂け方により、症状が重いものから無症状のものまで様々です。横隔膜ヘルニアには先天性と後天性(外傷性)のものがあり、先天性のものは多くはありませんが、心膜と腹腔がつながってしまった腹膜心膜横隔膜ヘルニアや食道裂孔ヘルニアなども含まれます。猫では、高所から飛び降りた時や交通事故など外傷により発生することが多い病気です。

猫の横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアの症状は、ヘルニアの大きさや、入り込んでいる臓器の種類や程度によって異なります。横隔膜が裂けている場合、頻呼吸や頻拍が見られます。心膜と腹腔が繋がっている場合、無症状のこともあれば、運動不耐性(静かにしていると正常に見え、運動するとすぐ息切れしたり、開口呼吸になったりする状態)や呼吸困難、食欲不振などの症状が見られたり、発育が不振だったりします。食道裂孔に異常がある場合は、食欲不振、嘔吐、下痢などの症状が見られます。また、肝臓が胸腔に入り込んでしまった場合は、肝障害を発症したり、神経症状が見られることもあります。さらに、外傷性の横隔膜ヘルニアの場合には、事故など傷を負った直後にはショック状態が見られることもあります。ショック状態に耐え生存したものの、無治療のままであれば運動不耐性や体重減少が認められます。また、胃や腸など消化器が胸腔に入り込む場合には、食事中に痛がったり、吐出(としゅつ:食べた物をそのまま吐きだすこと)が見られたり、食道炎や巨大食道症の症状が見られることもあります。

猫の横隔膜ヘルニアの原因

原因には先天性と後天性のものがあり、その状態や原因によって3種類に別けられます。外傷により後天的に横隔膜が裂けてしまったものは、交通事故や高所からの転落事故など後天的な原因で起こります(外傷性横隔膜ヘルニア)。先天的に心臓を包む心膜が腹腔と繋がっていることによるものは、遺伝子異常により、心膜と横隔膜の形成が不完全となってしまったことが原因と考えられています(腹膜心膜横隔膜ヘルニア)。横隔膜の中で食道が通る孔(食道裂孔:しょくどうれっこう)に異常があり、そこから腹部の食道や胃の一部が入り込んでしまうものの場合は、交通事故や転落事故が原因で起こったりする後天的なものと、遺伝子異常を原因とする先天的なものがあります(食道裂孔ヘルニア)。

猫の横隔膜ヘルニアの予防/治療法

横隔膜ヘルニアには大きく外傷性と先天性のもので、それぞれに治療法が異なります。外傷性の場合は、まず外傷によるショック症状や重篤な症状を起こしていないか確認して、ショック状態であれば猫の状態を安定させることが最優先となります。状態が安定してから、臓器を正しい位置に戻し裂けた横隔膜を修復するために外科手術が行われます。例外として、時間がかなり経過して目立った症状が見られない場合は、経過観察となる場合があります。先天性の場合は、ヘルニアの部分が小さく目立った症状が見られなかったり、高齢でヘルニアが偶然見つかった場合等は、手術を行わずに経過観察や内科的治療が行われます。しかし、若く、ヘルニアの部分が大きかったり、症状が重い場合には外科手術が行われます。外傷性横隔膜ヘルニアの予防法は、徹底した室内飼いを行うことで交通事故や転落事故を防ぐことで予防することが出来ます。先天性の場合は予防することはできませんが、遺伝子異常が原因となる場合があるため罹患している猫を繁殖させないことで増殖を防ぐことが出来ます。もしも、猫が外から帰ってきて苦しそうにうずくまっていたりしたらすぐに受診をすることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください