猫の肉芽腫/好酸球性肉芽腫症候群

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の肉芽腫/好酸球性肉芽腫症候群とは

好酸球性肉芽腫症候群は、猫に特有の皮膚病の一種です。病変部に白血球の1種である好酸球という細胞が多数みられる肉芽腫(にくがしゅ/にくげしゅ)ができることからこの名前がつけられています。主に上顎や上唇に痒みや痛みのない赤茶っぽい潰瘍ができる無痛性潰瘍、首や指の間、腹部や内股などに痒みのある紅斑やただれ、脱毛が見られる好酸球性プラーク、舌や口蓋、太ももの後ろ側などに痒みのあまり無い潰瘍ができる好酸球性肉芽腫の3種類のタイプの病型にわけられます。

猫の肉芽腫/好酸球性肉芽腫症候群の症状

代表的な病型は3種類あり、それぞれ症状が異なります。無痛性潰瘍は主に上唇や上顎に、赤褐色で光沢のある潰瘍病変ができます。見た目は大変痛々しいのですが、痛みやかゆみは見られません。この症状は雌猫に多くみられます。好酸球プラークは主に腹部や内股、脇の下、首、指の間に病変が見られます。かゆみの伴った脱毛と赤みがあります。好酸球性肉芽腫は主に太ももの後ろ側や腹部の横側に病変が見られ、口の中にも病変がみられることがあります。口の中にできてしまうと食べ物や水が飲みこみにくいという症状が起きます。

猫の肉芽腫/好酸球性肉芽腫症候群の原因

好酸球性肉芽腫症候群の明確な原因はよくわかっていません。しかし、アレルギーやウイルスや細菌感染や寄生虫や蚊等による虫さされによる過敏症や自己免疫疾患や遺伝的なものが要因として関与している可能性が考えられております。

猫の肉芽腫/好酸球性肉芽腫症候群の予防/治療法

好酸球性肉芽腫症候群の治療は、アレルギーが関係している場合はアレルギーの原因と予測されるものを可能な限り除去していきます。さらに、対症療法として合成副腎皮質ホルモン剤や免疫抑制剤の投与を行ったり、レーザー治療、外科手術などで潰瘍部の除去など行う場合があります。この病気の予防法は特になく、猫の皮膚や唇や口腔内に異常があれば早めに受診するようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください