猫のニキビダニ症/毛包虫症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫のニキビダニ症/毛包虫症とは

猫のニキビダニ症(毛包虫症)とは、ニキビダニ(毛包虫)が猫の毛の根元・毛穴(毛包)や皮脂腺の中に寄生し頭や顔の周囲、首の部分に皮膚炎をおこす病気で、稀に背中やお腹、足などに見られることもあります。犬ではよく見られますが、猫での感染はまれな病気です。

猫のニキビダニ症/毛包虫症の症状

ニキビダニ症を発症した場合その部分に脱毛やフケがみられ、赤くただれたり、出血しかさぶたができるといった症状が見られます。また、かゆみを伴うことがあり、とてもかゆがる猫もいれば、そんなにかゆがらない猫もいたりと、その程度は猫によってまちまちです。また、猫がかゆがって爪でひっかいてしまうと、そこに細菌感染が起こりやすくなり状態が悪化することもあります。重症化すると、皮膚上で菌が異常繁殖し、化膿して膿がでる膿皮症をおこすこともあるので注意が必要です。また、皮膚炎だけでなく耳道に感染し外耳炎をひきおこすこともあります。

猫のニキビダニ症/毛包虫症の原因

猫にみられるニキビダニ症(毛包虫症)は、「ネコニキビダニ」というネコの体に常在している、体長が2~3mm程度の細長いダニが原因です。性別や年齢を問わず発病する病気ですが、子猫などの若い猫が発病した場合に治りやすく、中年以降の猫はなかなか治りにくいと言われています。これは、中年期以降の猫が発病した場合、他の病気に起因して併発するためだと考えられています。その原因としてはFIV(猫免疫不全ウイルス)やFeLV(猫白血病ウイルス)などの感染症、更には糖尿病など、他の基礎疾患が関係していると考えられています。

猫のニキビダニ症/毛包虫症の予防/治療法

治療は、薬浴か、ダニ駆除薬の投与になります。二次感染を発症している場合は、抗生物質などを投与します。また、基礎疾患がある場合にはそちらの治療も同時に行っていきます。特別な予防方法はありませんが、なるべく病気にならないように、健康に生活させることが一番の予防方法と言えます。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください