猫の脂漏症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の脂漏症とは

猫の「脂漏症」とは、マラセチアと呼ばれる形が酵母様(雪ダルマ型)の真菌により引き起こされる皮膚炎のことです。マラセチア皮膚炎や脂漏性皮膚炎とも呼ばれることがある皮膚の病気です。マラセチア菌は通常、猫の体表に常駐する無害なもの(常在菌)ですが、何らかの原因により病原体化してしまうことで発症し、外耳道や顔、爪の付け根などで、毛がべたつき臭いがきつくなったり、フケやかゆみ発疹などが見られるようになります。マラセチア菌が病原体化する原因は定かではありませんが、猫自身の抵抗力の低下など様々なものが考えらています。

猫の脂漏症の症状

脂漏症の症状は、皮脂腺から分泌される脂の分泌過剰によって、皮膚に脂の塊やかさぶたなどができます。皮膚と毛が皮脂でベタつく分泌物の塊が皮膚上にできたりします。皮脂は雑菌や細菌の栄養分となりやすく、皮脂が増えることで細菌が異常に増殖し体臭がきつくなる症状が起こり易いのがこの病気の特徴です。他にも、皮脂が増えるのだけではなく、逆に乾燥してフケが増加するような乾燥してしまう場合もあります。乾燥が進むことで皮膚表面の角質が厚くなりさらにフケが出やすい状態になります。正常な皮膚のバリア機能の崩れにより、皮膚の抵抗力が下がり肌トラブルを起こしやすくなり、発疹や赤みのあるブツブツなどもできやすくなると言われています。さらに、かゆみを伴うことが多く自分で搔きむしってしまい、ひっかき傷ができる・その部分の体毛が脱毛してしまいやすいようです。感染が皮膚だけでなく、拡大すると「外耳炎」という他の病気を招く原因にもなります。

猫の脂漏症の原因

猫の脂漏症の原因には、遺伝や皮膚環境の変化、食生活、ホルモンの分泌異常、アレルギー、ブドウ球菌が関係するもの、基礎疾患からくるものなど様々なものが考えられます。例えば、縮れ毛の品種(レックス種)ではスタミンを放出する、肥満細胞に遺伝的な異常の可能性があるとも言われています。他にも、脂質の多すぎる・少なすぎる、ビタミンミネラルの不足した食生活をしているとなりやすいとも言われています。正常な皮膚ではマラセチアとブドウ球菌が共生関係になるといわれていますが、何らかの理由が起きてしまい、その関係が崩れてしまい、異常増殖したりすることで、脂漏症になることがあります。さらに、年を取った猫の場合には、脾臓や肝臓などによる浮腫が原因で引き起こされているという可能性があります。

猫の脂漏症の予防/治療法

治療法は、まず原因究明を行い見極めることが大切になります。別の疾患が原因の場合は、それを先に治療してから脂漏症の治療を行います。たとえば、ホルモン異常があればホルモン剤の投与をおないます。脂分を補給したり、食事の栄養バランスの見直しや、薬剤の入ったシャンプーで体を洗ったりします。さらに、ビタミンやミネラルの不足が原因のときはそれらの薬剤を投与したりします。予防するには、一般的に、不適切な食事や生活は皮膚や耳の状態を悪化させると言われていますので、バランスの良い食事を心がけ運動不足を解消したり、皮膚や耳を常に清潔に保つよう気を配るようにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください