猫のアレルギー性皮膚炎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫のアレルギー性皮膚炎とは

猫のアレルギー性皮膚炎は、なんらかの異物(抗原、アレルゲン)に対して過敏に反応して起こる皮膚炎のことを言います。様々な原因がありますが、猫では主に食物アレルギーによる皮膚炎やノミアレルギー性皮膚炎がみられます。これらの病気は強いかゆみを伴う皮膚症状を特徴としています。

猫のアレルギー性皮膚炎の症状

アレルギー性皮膚炎の共通して見られる症状は、かゆみとブツブツの発疹や顔や背中などに脱毛が見られます。さらにかゆみに伴いなめたり、ひっかいたりすることで皮膚の炎症が悪化することが多いです。さらに、猫のアレルギー性皮膚炎の症状はアレルゲンとなる原因物質の違いで、症状や病気を起こす場所が少しちがってきます。食物アレルギーでは、特定の食物を摂取したあとに、顔や外耳、首や喉元にプツプツした発疹や脱毛、かゆみがみられることが多いです。 一方、ノミアレルギー性皮膚炎では、主に腰やお尻など後ろに痒みが集中し脱毛を伴う皮膚炎を起こします。                                   

猫のアレルギー性皮膚炎の原因

この病気は体内に入ったアレルゲンに過剰反応して起こります。原因となるアレルゲンには、ノミやダニ、食べ物、金属、布など接触性のアレルギーやハウスダストや花粉など吸引性のアレルギーなど様々なものが考えられます。これらのアレルゲンになる可能性のある物も、猫それぞれにより反応が異なり、全く問題にならない猫もいれば、逆に、ごくわずかに接触や吸入、口にしただけでもアレルギー反応を起こしてしまう可能性があります。さらに、1種類のアレルゲンに反応するだけではなく、複数のもの、例えば、花粉やハウスダスト、ダニ、鶏肉、小麦粉など複数のアレルゲンに反応する猫もいます。       

猫のアレルギー性皮膚炎の予防/治療法

まずアレルギー性皮膚炎を悪化させる基礎疾患がある場合は、まずその病気の治療を行います。疥癬や糖尿病やホルモン異常などがあげられます。さらに、可能であれば、原因となるアレルゲンを特定し取り除くことが大切です。アレルゲンを特定することが難しい場合は、アレルギー症状に応じて、ステロイド剤や抗ヒスタミン剤などを投与します。ただし副作用もあり、投与する時は観察が必要です。皮膚が乾燥した場合には保湿剤を利用する時があります。生活環境の改善が必要な場合もあります。人間の場合と同じでダニやホコリ、花粉などの影響をうけないようにこまめに部屋を掃除する必要があります。また、シャンプーを行う事で、皮膚や毛についたアレルゲン物質を流す事も有効です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫のアレルギー性皮膚炎に関するコラム