猫の対称性の脱毛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の対称性の脱毛とは

猫の対症性脱毛は、左右対称に脱毛した部分の毛の根元の毛包が萎縮するために起こります。しかし、なぜ、毛包に萎縮が起こるのかはわかっていません。この病気は、去勢・不妊手術を受けた猫や、長期にわたりホルモン剤を用いている猫に多く見られます。そこで、性ホルモンのバランスと関連しているという可能性も考えられています。左右が同じように脱毛が起こり、痛みやかゆみは伴わない皮膚の病気です。

猫の対称性の脱毛の症状

症状は、後ろ足周囲の部分から左右対象に毛が抜け落ちていきます。かゆみがなく痛がることもありません。後ろ足から始まった脱毛は次第に太ももからお尻腰にまで達してピンク色の皮膚が剥き出しになって行きます。この病気では、短期間で脱毛が進むことも少なくありません。また、脱毛した部分は、完全に毛がなくなるのではなく薄くなり、その部分の毛は少し引っ張るだけでも簡単に抜け落ちてしまいます。進行すると、背中やわき腹ばどにも範囲が広がり、全身の毛が抜け落ちてしまうケースもあります。治療せず放置すると、露出した皮膚が硬くなったり、かゆみの症状が出てくることもあります。また、体毛が薄くなることによって、かぶれなど、他の各種皮膚疾患がおこるリスクが高まるとも言えます。

猫の対称性の脱毛の原因

この病気のはっきりとした原因は不明ですが、去勢・不妊手術を受けた猫や、長期にわたりホルモン剤を用いている猫に多く見られます。そこで、性ホルモンのバランスと関連しているという可能性も考えられています。しかし、去勢・不妊手術をしていない猫でもこの病気になることがあります。その他にも、クッシング症候群とよばれるホルモンのバランスの乱れにより対称性に脱毛を起こす病気があります。耳の先端部分のみ左右対称の脱毛が見られます。この病気の場合、脱毛以外にも、お腹が腫れたり、多飲多尿など症状が合わせて見られます。

猫の対称性の脱毛の予防/治療法

治療には、性ホルモンを投与する方法がありますが、メスで発情の兆候が現れたり、オスは攻撃的になったりしてしまうことがあります。さらに性ホルモン剤の中には、過剰に与えることで肝臓に異常が現れることもあるので注意しなくてはなりません。治療を始めて1カ月以上たたないと毛が生えそろってきません。またこの病気になった猫の半数は、一度毛が生えそろうものの再発していまいます。あせらず、長い目で見て治療を続けることが大切です。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください