猫の日光過敏症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の日光過敏症とは

猫の日光過敏症とは、UVB(紫外線の一種)を慢性的に浴び続け、さらされた為に起こる皮膚炎です。遺伝にも関係があるともいわれていますが、白色や色素の薄い被毛を持った猫や高齢の猫に好発する傾向があります。とくに頭部の毛が抜け、その部分の皮膚がただれたり潰瘍(かいよう:皮膚の上皮が一部くずれてできた傷)ができる病気です。さらに、紫外線にさらされ続けると癌(がん)になってしまう恐れがあります。

猫の日光過敏症の症状

猫の日光過敏症の初期症状は、人間が日焼けしたときと同じように紫外線の影響を受け皮膚が赤くなります。耳の先端部に症状が起こりやすく、その他にも、頭部や目の周り、口の周りになど毛の薄い場所に見られることがあります。体毛の薄い猫は色素が薄く、紫外線の影響を受けやすいようです。また体毛が薄くなっている部分も他の部分よりも症状が出やすいと言われています。紫外線にさらされ続けると、悪化しやすい病気で、皮膚が腫れたりその腫れた部分の体毛が抜けてしまうこともあります。そして体毛が抜けてしまった部分は、出血したり、赤い斑点ができたり、腫瘍になってしまう場合もあります。病気を放置し進行してしまうと、扁平上皮がんになってしまう場合があります。日頃から、日光過敏症の出やすい部分をチェックし、ちょっとした皮膚の変化が見られた時は病気を悪化させないためにも速やかに病院を受診してください。

猫の日光過敏症の原因

日光に含まれるUVB(紫外線の一種)が原因と言われています。皮膚細胞のDNAの合成や修復されるときに妨害し異常を起こし発症するためとも考えられていますが、猫の遺伝にも関係があるとされ、詳しい発症のメカニズムはわかっていません。毛の白い猫や、遺伝的にメラニン色素の少ない猫に多く見られます。特に青い目の白猫はこの病気になりやすい傾向があります。他にも、三毛猫やブチ柄の猫でも耳などに白い毛の部分があれば、そこが皮膚炎を起こしやすくなります。

猫の日光過敏症の予防/治療法

治療と予防のためには、紫外線を避けるようにします。現実には、猫が紫外線を全く浴びないよう生活することは難しいですが、猫ができるだけ屋内や日陰で過ごせるような工夫を行います。がんの疑いがあるようなときには、まわりの健康な皮膚も含めて皮膚炎の部分を切除します。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください