猫の脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医師監修

猫の脱毛症とは

猫の毛が異常に多く抜けている(脱毛)のように見えたら、何らかの病的な原因があると考えられます。しかし、正確な原因を突き止めるのはなかなか困難です。皮膚炎や内臓疾患から起こす脱毛や、ストレスなど心因性のものなど様々あります。脱毛を見つけたら、放置せず、早めに動物病院を受診し原因を見つけて早期治療することをお勧めします。脱毛の状態や範囲、経過が長いものでは、なかなか治りにくく再発しやすい傾向もみられます。

猫の脱毛症の症状

まず最も主要なものは皮膚炎による脱毛です。ノミアレルギーや皮脂の分泌過剰などで引き起こされます。まれに、日光に対してアレルギーを持った固体もいます。また人間と同じく、ハウスダストや花粉などでアトピー性皮膚炎になり毛が抜けることもあります。ストレスから脱毛する場合もありますが、その部位を舐め続けると皮膚炎になって毛が生えてこなくなることもあります。一方、皮膚炎ではありませんが、ツメダニが寄生することでツメダニ症が発症して毛が抜けます。皮膚糸状菌という真菌に感染することで白癬となって、脱毛やかさぶたが生じる場合があります。いわゆる「水虫」です。猫同士だけではなく、人間の水虫も伝染する場合があるので、白癬になっている人が猫に接する際は注意が必要です。また、内臓疾患でも脱毛が見られることがあります。左右対称に毛が抜けていく場合は、おそらく内分泌障害(ホルモンの異常)が原因です。他にも、免疫異常、腎臓病、糖尿病が関係して起きることがあります。このような脱毛は重篤な疾患のサインとなるため、見逃さないようにしなければなりません。さらに扁平上皮がんでも脱毛を生じることがあります。

猫の脱毛症の原因

具体的に考えられる主な原因は・アレルギー性皮膚炎・ノミによる皮膚炎・疥癬(かいせん・白癬(はくせん)・ビタミン欠乏症(ビタミンBやA)・対称性の脱毛症・ストレス・クッシング症候群・スタッドテイル・日光過敏症・皮膚の腫瘍などさまざまなものがあります。

猫の脱毛症の予防/治療法

季節の変わり目の換毛期などには、抜け毛は目立つものなので特に心配はいりませんが、まとめてゴソっと毛が抜けていたり、穴が開いて皮膚が見えるほど毛が抜ける状態だと気を付ける必要があるでしょう。きちんと原因見つけ、適切な治療を受けるよにしましょう。
  • このコンテンツは、病気や症状に関する知識を得るためのものであり、特定の治療法、専門家の見解を推奨したり、商品や成分の効果・効能を保証するものではありません
  • ユーザーの皆様へ:病気や症状について相談したい方は、こちらからご登録をお願いします
  • 専門家の皆様へ:病気や症状の説明について間違いや誤解を招く表現がございましたら、こちらよりご連絡ください

猫の脱毛症の相談

  • 猫の画像
    きじ
    メス
    7歳

    姉妹猫が猫白血病ウイルスをもっていた猫で、体重は2.6㎏ほどです。他に4匹猫がいて、この子は誰とも仲良くしません。約1年ほど前から首を掻いて傷をつけ、また掻いて傷が大きくなり、かかりつけ医に診てもらい何種類か塗り薬を替えてもなかなか治りませんでした。同時に耳の脱毛もありました。傷を直接掻かないよう… 続きを読む